コトー・ブログ

東洋医学のこと、鍼灸治療のこと、パーソナルトレーニングのこと、日々の暮らしのこと…。カテゴリー別に書き連ねています…。

頭痛や頭の重苦しさを鍼とお灸で解消しよう!

最近、ギラギラとお日様が照りつけ、

額から汗が止まらない日もあれば、

ゴーゴーと大雨が降り続き、

半袖ではちょっと肌寒い日もある…。

こんなふうに天候や気圧の変動が激しいと現れやすいのが、

『片頭痛』。

 

 

こめかみあたりがズキンズキンと脈打つように痛い。

原因は、脳内物質セロトニンの分泌量の急激な変化。

それによって、脳の血管が広がり、

隣にある三叉神経(さんさ・しんけい)が圧迫され、

こめかみあたりが痛くなる。

 

 

セロトニンの分泌量に影響を与えるものは…、

季節の変わり目、気圧の変動、まぶしい光、強い香り、大きな音、

強いストレス、生理前後や排卵期(女性ホルモンの変動)など。

片頭痛持ちさんは、脳のセンサーが敏感!

体の内外から受ける強い刺激が引き金となって、

片頭痛が起きる。

 

 

gallbladder_meridian_yk_001

赤いラインは、足少陽胆経(あし・しょうよう・たんけい)という経絡。

目尻の外にあるツボ『瞳子髎 どうしりょう』から始まり、

側頭部、体幹の側面、脚の外側と下り、

足の薬指にあるツボ『足竅陰 あしきょういん』で終わる。

片頭痛の鍼灸治療では、この経絡の上にあるツボをよく使う。

 

 

痛むこめかみあたりのツボには、ちょんっと小さく細い鍼をする。

痛む部位を温めると血管がさらに広がり、痛みが増すので、

お灸は頭部から離れたツボを使う。

 

 

後頭部から首すじ中心に痛み、

頭全体が締めつけられるように痛むこともあるのが、

『緊張型頭痛』。

原因は首・肩・背中にかけての筋肉の過緊張。

悪い姿勢や、長時間の同一姿勢、運動不足、精神的ストレス、

冷えなどが誘因となる。

 

 

bladder_meridian_yk_001

赤いラインは、足太陽膀胱経(あし・たいよう・ぼうこうけい)という経絡。

目頭の外にあるツボ『睛明 せいめい』で始まり、

額、頭頂、後頭部、背中、脚後面と下り、

足の小指にあるツボ『至陰 しいん』で終わる。

緊張型頭痛の鍼灸治療では、

この経絡の上にあるツボをよく使う。

 

 

首、肩、背中などへの鍼とお灸で、筋肉の緊張をゆるめ、

頭痛の緩和をはかる。

後頭部には髪があり、お灸がしづらいので、鍼をする。

頭部へは垂直に鍼をするとすぐ頭蓋骨にあたるので、

頭蓋骨と水平にちょこんと鍼をする。

頭にハリィ~~~~~~~~~~?!?

尻込みしそうだが、意外と気持ちいい…。

 

 

後頭部や首すじが痛むこともあれば、

こめかみがズキンズキンと痛むときもあるのが、

『混合型頭痛』。

緊張型頭痛と片頭痛の2種類の頭痛をもつ。

当鍼灸院に来られる頭痛持ちさんは、混合型頭痛の方も多い。

状態を診ながら、両方の治療法を行う。

 

 

なかなか鎮痛薬を手離せない頭痛持ちさんは、

鍼灸治療にチャレンジしてほしいなって思う。

ちょっと興味がある方は、お灸教室にもどうぞ…。

7月10日(日)と12日(火)に当鍼灸院で開催予定の

お灸教室のテーマは、

『頭痛や頭の重苦しさをお灸で解消しよう!』。

ツボ押しとお灸を覚えて、頭痛をやわらげてみよう!

詳しくは『お灸教室のページ』でチェーック!

 

 

このごろの天候の変動に、頭痛とまではいかなくても、

頭がボーットしがち。

こんなときほど、生活スタイルを見直し、

しっかり食べて、しっかり寝て、乗りきろう!!!

 

特集~梅雨バテの話③~梅雨と片頭痛の関係

こめかみから目のあたりがズキンズキン!と痛む片頭痛。

片頭痛は脳内物質のセロトニンが大きくかかわっています。

セロトニンの分泌が不安定になると、

脳の血管が拡張し、

脳の血管の周りにある『三叉神経 さんさしんけい』が圧迫され、

片頭痛が起きます。

首や肩、背中の筋肉がガチガチになって起こる頭痛とは

原因が違うんですね。

 

 

片頭痛持ちの方は、脳のセンサーが敏感です。

気温の変化、気圧の変化、強い光や音、においなどを

脳が敏感に感じ取り、

セロトニンの分泌量が急に増えたり減ったりします。

睡眠不足や疲れ、月経前後や排卵期などホルモンの変動も、

片頭痛のきっかけになります。

今年の梅雨は、気温差が激しいですね。

急激に温度が上昇すると、脳の血管が広がり、

三叉神経が刺激され、片頭痛が起きやすくなります。

 

 

tms_gallbladder_meridian

赤いラインは、『足少陽胆経 あし・しょうよう・たんけい』という経絡。

目尻の外にある『瞳子髎 どうしりょう』というツボから始まり、

顔面、側頭部、体幹の側面、脚の外側と下り、

足の薬指にある『足竅陰 あしきょういん』というツボで終わります。

経絡は左右対称にあり、

片側44個のツボがのっています。

 

 

asp_side_head_001

 

asp_head_001

 

asp_head_002

 

青いラインが『足少陽胆経』。

頭にあるツボは20個(片側)。

この経絡上のツボの約半分は頭にあるんですね。

片頭痛の症状が出ているこめかみのツボに

短く細い鍼をちょこんと刺して、

片頭痛を治療します。

鍼やお灸は経絡の流れをよくして、症状を改善するので、

経絡上の脚のツボにも鍼やお灸をします。

片頭痛持ちの方は、首や肩のコリが強いことも多く、

首、肩、背中などの筋肉のコリをほぐすことも大切です。

 

 

さてさて、当鍼灸院の7月のお灸教室のテーマは、

『頭痛や頭の重苦しさを解消しよう!』です。

首・肩コリからくる頭痛や頭の重苦しさ、

そして片頭痛を解消するツボ押しやお灸を伝授します!

開催日は7月12日(日)と14日(火)とせまっています。

若干空きがあるので、興味がある方はぜひご参加ください。

詳しくは『お灸教室ページ』をご覧ください。

 

 

おまけの話。

皆さん、雨の日の楽しみ方ってありますか。

コトーは、雨が降り始めたときの、湿る土の匂いを

クンクン嗅ぐのが好きです。

自然の中にたたずんでいるんだなぁ~と

うれしくなります。

 

 

2015_07_06_001

 

コトーはブログを書くときにCDを聴くことが多く、

今日はエルヴィス・コステロの『ノース NORTH』を選びました。

雨音をバックに、彼の語りかけるような歌声が浸み渡ります…。

 

頭痛に鍼とお灸、ツボ押しはいかが?

頭痛が続くと集中力が落ち、家事や仕事が手につかない…。

常に鎮痛薬を持ち歩いている…。

しょっちゅう鎮痛薬を飲むのは嫌だけど、

飲むのが遅いと効かないから…。

そんな頭痛に悩む方が、鍼灸院にも来られます。

 

 

頭痛って、痛みの種類によって対処方法が異なります。

 

 

こめかみから目のあたりがズキン!ズキン!と痛むのは、『片頭痛』。

セロトニンという脳内物質が異常に増えたり減ると、

脳の血管が広がり、

その隣にある三叉(さんさ)神経が圧迫され、

頭痛が起きます。

 

 

痛いと温めたくなりますが、痛む部位を温めると、

ますます脳の血管が広がり、痛みが増強します。

痛む部位は冷やして、血管の広がりをおさえます。

 

 

tms_gallbladder_meridian

 

赤いラインは、足少陽胆経(あし・しょうよう・たんけい)という経絡。

この上にのっているツボは、片側で44個。

左右対称にあります。

こめかみを通っているので、鍼灸治療では片頭痛の治療にも用います。

こめかみのツボには、細くて短い鍼をちょこんとして、

痛みをやわらげます。

足のツボもよく使います。

 

 

頭全体がしめつけられたり、後頭部から首筋が痛むのは、

『緊張型頭痛』。

首、肩、背中の筋肉の緊張により、痛みが生じます。

筋肉は緊張すると硬くなり、

筋肉の隣にある血管は収縮します。

対処方法としては、温めて縮こまった血管を広げ、

筋肉をリラックスさせます。

鍼灸治療では首や肩、背中などに鍼とお灸をして、

筋肉の緊張をやわらげます。

 

 

『片頭痛』と『緊張型頭痛』の両方をもつのは、『混合型頭痛』。

2種類の頭痛の対処方法を使い分けます。

 

 

 

moxa_20141209_001

 

 

12月9日に開催したお灸教室の参加者の方々です。

テーマは『頭痛』。

頭のツボへの『ツボ押し』も体験していただきました。

ツボ押しは頭痛の予防や、頭の重苦しさ・目の疲れの解消におすすめです。

3人ともこのお灸教室の常連さんです。

今までのテキストをファイルにしている方もいます。

「いろんなツボを覚えられて楽しい…」

そんな言葉をかけられると、

お灸伝導師のコトーは、もっとはりきっちゃうよー!

ありがとうございます!!!

 

 

今月のお灸教室はあと1回。

12月14日(日)です。

1回完結です。

興味のある方はどうぞご参加ください。

詳しくは、お灸教室のベージをご覧ください。

 

 

おまけの話。

コトーは滅多に頭が痛くなりませんが、

9日のお灸教室終了後に頭痛勃発!

『頭痛』というテーマを考えすぎて精神ストレスから

緊張型頭痛が…。

なーんてことはありません。

お灸教室の準備でソファーを移動中こけて、

眼鏡の縁がソファーの肘掛けに直撃!

眼鏡が歪んで、眼鏡の柄が頭皮にくいこんでいたみたい…。

眼鏡屋さんで眼鏡の歪みを直してもらったら、

頭痛も解消!

このようなことでも頭痛が起きるんですねぇ…。

 

梅雨と片頭痛と鍼灸の話

春先から梅雨にかけて天候が安定しませんね。

この時期は、片頭痛を起こしやすいといわれています。

 

片頭痛の痛み方には特徴があります。

こめかみあたりが「ズキズキ!」「ドクドク!」と脈打つように痛みます。

なぜこのように痛むのか…。

 

脳に、『セロトニン』という物質があります。

これが脳の血管内で増えすぎたり減りすぎると、脳の血管が拡張します。

そして、脳の血管の周りにある『三叉神経 さんさしんけい』が圧迫され、

片頭痛が起きます。

三叉神経は、こめかみあたりから枝分かれ、

顔や頭に広がっています。

 

片頭痛持ちの方は、脳のセンサーが敏感です。

体の内外からの強い刺激が引き金となって、

セロトニン量が大きく増減します。

天候(気圧、気温など)の変化だけでなく、

強い光、強いにおい、大きな音、強いストレス、

生理前後や排卵期(女性ホルモンの影響)などが

引き金になります。

 

 

side_head

 

片頭痛の鍼灸治療では、こめかみあたりのツボに、

ちょこんと短めの鍼をします。

片頭痛持ちさんは、首や肩がこっている方が多く、

首・肩・背中などのツボに鍼やお灸をして、

首や肩の緊張もほぐします。

鍼とお灸は、痛みで緊張しきった脳と体をリラックスさせます。

 

 

頭痛を起こすと何も手につかないので、

すぐ鎮痛薬を飲む方も多いのでは?

薬を頻繁に飲みすぎると気になるのが、「薬物乱用頭痛」。

どのような頭痛かというと…。

 

頭が痛くなると、頻繁に薬を飲む。

痛みに対して脳が敏感になり、普通なら感じないような痛みまで感じる。

鎮痛薬が切れるたびに頭痛が起こり、鎮痛薬を飲み続けないといられない。

 

「鎮痛薬の効果が薄れたな…。」

「最近、飲む回数が増えたな…。」と感じたら、

頭痛の専門医に相談しましょう。

 

 

さて、おまけの話。

福岡はシトシト雨が降り続き、肌寒いです。

そんな中、がんばっているヤツがいます。

ご紹介します!

 

2014_06_22_001

 

 

胡蝶蘭です。

 

 

2014_06_22_002

 

 

この子は、5年連続で花芽が出そうです。

 

 

2014_06_22_003

2014_06_22_004

 

 

 

 

 

 

 

 

この子たちは、長い冬眠から覚め、若葉が出てきました。

毎日眺めては声援を送っています。

 

まだまだ梅雨は続きます。

体調を崩さずに乗り切りましょーーー!

 

頭痛に効く鍼とお灸~その4

『頭痛』特集 第4弾!

前回は、『片頭痛の日常の工夫』についてご紹介しました。

最終回である今日は、『緊張型頭痛』と、

『片頭痛+緊張型頭痛の混合型頭痛』の日常の工夫、

そして、鎮痛薬の依存による『薬物乱用頭痛』についても

触れてみようと思います。

 

1.緊張型頭痛

首・肩・背中の筋肉や、顔の筋肉が緊張しすぎて、

起こる頭痛です。

 

軽い運動やストレッチングで、筋肉の緊張をほぐそう!

ひどい首こり・肩こり・背中こりをほぐすのが一番大事!

 

温めた筋肉をほぐそう!

電子レンジで温めるホットパックなどで、

後頭部や首・肩を温めると、

血流がよくなり、痛みもやわらぎます。

※片頭痛持ちの方は、痛むこめかみ部分は冷やしましょう!

頭部を温めると、脳の血管がさらに拡張し、

痛みが増します。 気をつけて!

 

悪い姿勢を治そう!

猫背や顎を突き出したような姿勢は、

首・肩・背中の筋肉の負担が倍増!

 

 

理想の立ち姿勢は、横から見ると…、

『耳たぶ→肩先→大転子(だいてんし)(太ももの骨の上端のでっぱり)

→膝蓋骨の後ろ→外くるぶしの約2cm前』

が一直線であること。

 

なーんて、よくわからないですよね。

それでは、立位バランスをチェーック!

壁に、かかと、お尻、背中、後頭部をつけて立ってみてください。

これが理想のまっすぐ!

首・肩・背中の筋肉に負担がかからない立ち方です。

ずいぶん後ろに傾いている気がする…方は、普段猫背さんかも。

 

長い時間同じ姿勢をとらずに休憩をしよう!

パソコンやスマートフォンなどを使っていると、

あっという間に時間が過ぎませんか?

同じ姿勢を保つことが筋肉にとって一番負担なこと!

ときどき休憩して筋肉を休ませてあげましょう。

 

ストレスをためない!

片頭痛持ちさんと同様、緊張型頭痛持ちさんも、

ストレスが長く重くのしかかると、頭痛が起きやすくなります。

心身一体!

心の緊張が体の緊張に結びつきます。

 

 

2.片頭痛+緊張型頭痛の混合型頭痛

2つの頭痛を持ち合わせている場合、どんなことが

きっかけで、片頭痛や緊張型頭痛が起こるのか、

把握することが大切です。

そうすると、日常の予防策が見えてきますね。

混合型頭痛は、その時々の症状に合わせて対処します。

 

 

3.薬物乱用頭痛

鎮痛薬の依存による頭痛です。

 

頭が痛くなると、頻繁に鎮痛薬を飲む

∴∴∴∴∴

痛みに対して脳が敏感になり、普段なら

感じないような痛みまで感じるようになる

∴∴∴∴∴

鎮痛薬が切れる度に頭痛が起こり、

鎮痛薬を飲み続けてしまう…

 

1ヶ月に10日以上鎮痛薬を飲むようになったら、

薬物乱用頭痛を起こしやすい状態。

1ヶ月に15日以上鎮痛薬を飲んでいる場合、

薬物乱用頭痛と診断されるそうです。

 

「鎮痛薬の効果が薄れたなぁ…」

「最近、服用回数が増えてきたなぁ…」

そんなふうに感じたら、頭痛の専門医に診てもらいましょう。

 

 

ひとくちに『頭痛』といっても、い~ろいろですね。

前々回のブログでご紹介しましたが、

鍼灸治療で、がんこな首こり・肩こりなどをほぐし、

全身調整をすると、片頭痛も、緊張型頭痛も、

混合型頭痛もやわらいできます。

最寄りの鍼灸院に顔を出してほしいな!って思います。

 

当鍼灸院では、4月9日(火)と21日(日)に、

『頭痛』と『頭重(=頭の重だるさ)』をテーマに

お灸教室を開催します。

頭痛、頭重に効くお灸とツボ押しを体験しませんか?

お灸の初心者も大歓迎!

詳しくは、『お灸教室のページ』をどうぞご覧ください。

参加者、募集中でーす!

 

 

あ~っ、それにしても、

春ですっ!

めちゃくちゃ長い特集ブログにおつきあいいただき、

ありがとうございました!