コトー・ブログ

東洋医学のこと、鍼灸治療のこと、パーソナルトレーニングのこと、日々の暮らしのこと…。カテゴリー別に書き連ねています…。

特集~器官や臓器の症状に働きかけるツボたち⑤~脳・その2

脳の働きは、おおまかに6つ。

①反射、②感覚系の統合、③運動系の統合、

④自律機能の統合、⑤情動、⑥高次中枢神経系の統合。

前回のブログでは、①~③と、

それに関連のあるツボをちらっとご紹介しました。

今日もかなり難しい話になります。

???なところは、バシバシ読み飛ばしてください!

 

 

脳の働き④~自律機能の統合

 

 

心臓のポンプ作用で送り出された血液は、全身の血管を巡る。

呼吸で得られた酸素も血液とともに、全身の血管を巡る。

全身の細胞は、血管を流れる酸素を取り込んで、エネルギーをつくる。

だから、心臓の働きや、呼吸器の働きは、

生命を維持するための大事な機能なんだなぁ…。

 

 

また…、

口から取り込んだ飲食物は、胃で消化され、

腸でさらに消化。

そして、エネルギーとして必要な物は腸から吸収され、

不必要なものは便となり、体外へ送り出される。

だから、消化器の機能も生命を維持するための

大事な機能なんだなぁ…。

 

 

このような生命の維持に必要な機能のことを

『自律機能』という。

自律機能は自律神経によって無意識に調整されている。

 

 

例えば…。

ヒトは日中活動し、夜間休息する動物。

2つの自律神経のうちの1つ『交感神経』は、日中優位に働く。

どんな働きかというと、

日中、体温や血圧、心拍数などを高め、活動しやすい状態にする。

自律神経のもう1つ『副交感神経』は、夜間優位に働く。

夜間、体温や血圧、心拍数などを下げ、

リラックスしやすい状態にする。

 

 

日中活動し、夜間休息するという『体内時計』のリズムは

自律機能の1つであり、

自律神経はその調整をしているんだなぁ…。

 

 

 

脳を縦に割り、内側から見た右脳。

脳の奥にある『視床下部 ししょうかぶ』が、

体内時計のリズムを発生させる。

 

 

夜更かしや朝寝坊が続くと、この『体内時計』が乱れ、

不眠のきっかけになることがある。

寝る直前まで難しい作業をしたり、考え込んでいると、

脳は緊張し続け、

リラックス・モードにする副交感神経が優位にならず、

活動・モードにする交感神経が優位になり続け、

眠れない…。

だから、不眠には脳をリラックスさせることが大切!

 

 

 

 

頭頂にある『百会 ひゃくえ』。

百会の前後左右1寸(=親指の横幅ぶん)にある『四神聡 ししんそう』。

短鍼やツボ押しで脳をリラックスさせ、

不眠の解消をはかる。

 

 

首こりや肩こりが激しいと、脳への血流がとどこおり、

不眠の要因にもなるので、

それらを解消するのも、とーっても大事だよ~ん。

 

 

生命維持に必要な『自律機能』の1つに、『ホルモン』がある。

ホルモンは、脳の下垂体(かすいたい)、甲状腺、副甲状腺、膵臓、

卵巣、精巣などから分泌される。

分泌されたホルモンは血液とともに血管を巡る。

Aというホルモンをキャッチできるのは、Aの受容器をもった臓器だけ。

ホルモンを受け取った臓器は、ホルモンに託された指令に答える。

ホルモンの指令は様々で、生体機能(成長、生殖、代謝など)の調整にかかわる。

 

 

 

例えば…、

女性ホルモンが卵巣から分泌されることによって、

卵巣の中の卵胞(らんほう)で卵子がつくられ、

妊娠が可能になり、生理も起こる。

 

 

視床下部の下にある下垂体(かすいたい)。

ここから分泌されるホルモン、

『黄体(おうたい)形成ホルモン』と『卵胞(らんほう)刺激ホルモン』は

卵巣に働きかけ、

女性ホルモンの産生と分泌を促す。

つまり、脳にある『下垂体』が、『卵子をつくる』『生理を起こす』ときの司令塔なんだなぁ…。

 

 

下垂体の上にある、視床下部。

ここから分泌されるホルモン『ゴナドトロンピン放出ホルモン』が、

下垂体に働きかけ、

下垂体の『黄体形成ホルモン』と『卵胞刺激ホルモン』の

産生と分泌を促す。

つまり、脳にある『視床下部』が最高・司令塔なんだなぁ…。

 

 

うっ、うっ、説明が難しすぎる…。

でも、めげずに書くぞぉー!

 

 

何も考えずにやってくる生理は、子宮や卵巣だけでなく、

脳やホルモンがかかわっている。

だから、生理痛や生理不順、不妊、更年期症状など

婦人科の症状を改善するときに、

脳をリラックスさせることも大切だと思う。

 

 

 

 

脳をリラックスさせるために、頭にあるツボだけでなく、

下腹部や脚にあるツボもコトーは使うなぁ~。

画像の赤矢印は、おへそにある『神闕 しんけつ』というツボ。

おなかにはたくさんのツボがあるよ~ん。

 

 

うっぎゃぁ~~~、

脳の働き④だけで、こんなに書いちゃった…。

脳の働き⑤と⑥は次回にするよん!

この特集、いつ終わるんだろうか…。

気長におつきあいください!

 

特集~生理と妊娠の話⑤~東洋医学と鍼灸治療・その2

前回の特集ブログ『生理と妊娠の話』では、

生理と妊娠にかかわりの深い臓器である、

女子胞(じょしほう)、心、脾、肝をご紹介しました。

実はもう1つ、ご紹介したい臓器があります。

『腎』です。

 

 

東洋医学でいう『腎』の働きの1つに

『精(せい)の貯蔵』があります。

東洋医学の『腎』と西洋医学の『腎』は働きが異なります。

同一のものとは思わないでくださいね。

精は、ヒトの成長・発育・生殖に必要なエネルギーです。

腎の働きが活発であると、

卵巣、子宮、精巣などの生殖器が成熟し、生殖能力をもちます。

腎の働きが弱まると活動が低下し、生殖能力も低下します。

また、病気にかかりやすく治りにくく、老化現象があらわれます。

 

 

女性不妊や男性不妊、不育症(妊娠はするが、流産、死産を

繰り返して生児が得られない)の鍼灸治療では、

腎の働きを把握することが大切です。

 

 

kidney_meridian

赤いラインは、『足少陰腎経 あし・しょういん・じんけい』という経絡。

『腎』にもつながっています。

腎の働きが弱まっているときは、この経絡上のツボに鍼やお灸をして、

腎の働きや生殖能力の改善をはかります。

 

 

さてさて、臓器の話をもう1つ。

『臓器の働き』といったら何を思い浮かべるでしょうか。

心臓による血液循環。

腎臓による尿の生成。

臓器は生理現象の中心的存在ですね。

東洋医学からみると、臓器は精神活動の中心的存在でもあります。

 

 

例えば『怒り』は、臓器の『肝』がつかさどっています。

過度の怒りは肝を傷つけ、肝の働きを弱める…。

逆に肝の働きが弱まると、怒りの感情があらわれやすい…。

そんなふうに、東洋医学では考えます。

何度もしつこく書きますが、

東洋医学の臓器と西洋医学の臓器は違います。

「私、怒ってばかりいるから、肝臓の病気になっちゃう~」と

直結して考えないでくださいね。

 

 

liver_meridian

赤いラインは『足闕陰肝経 あし・けついん・かんけい』という経絡。

肝にもつながっています。

生理前や生理中にイライラ感があるとき、

この経絡上のツボに鍼やお灸をして、情緒の安定をはかります。

 

 

PMSや生理困難症、生理痛、不妊、不育症などの治療に際して、

自分でするお灸もおすすめです。

お灸を続けて、目の前の症状だけでなく、

バランスの崩れた体質を整えます。

症状も体質も人によって異なり、選ぶツボも違います。

鍼灸院で診察を受けて、ご相談ください。

 

 

特集ブログ『生理と妊娠の話』、最終回。

東洋医学の抽象的な話にチャレンジしてみました。

いかがでしたか。

少しでも東洋医学が身近なものに感じてもらえたらなぁ…と思います。

 

 

おまけの写真!

 

2015_03_01_001

 

職場の前にある、早咲きの桜が開き始めました。

春、近し!!!

 

特集~生理と妊娠の話④~東洋医学と鍼灸治療・その1

特集ブログ『生理と妊娠の話』第3弾までは、西洋医学の話。

第4弾の今日は、東洋医学の話となります。

見慣れない単語がたくさん出てくると思いますが、

どうぞおつきあいください。

 

 

東洋医学でいう臓器は、おおまかに3つに分類されます。

1つは、五臓。

肝、心、脾(ひ)、肺、腎をさします。

2つ目は、六腑。

胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦(さんしょう)の6つです。

三焦は、実在しない架空の臓器です。

3つ目は、奇恒(きこう)の腑(ふ)。

骨、髄(ずい)、脳、脈、胆、女子胞(じょしほう)をさします。

女子胞は、女性の生殖器の働きをします。

生理と妊娠、そして胎児の成長ですね。

 

 

女子胞につながっている経絡は2本。

 

tms_conception_vessel

赤いラインは『任脈 にんみゃく』という経絡。

女子胞から始まり、下腹部の中央を上り、おへそ・のどを通り、

下唇の下にある『廉泉 れんせん』というツボで終わります。

 

 

tms_syoumyaku

赤いラインは『衝脈 しょうみゃく』という経絡。

女子胞から始まり、下腹・中央部を2本平行に上向し、

おへその下で交差し、さらに上向して胸中に入ります。

 

 

経絡は、全身に張り巡らされた通路のようなもの。

気(エネルギー)と血をカラダ全体に届けます。

東洋医学では、『経絡の流れがとどこおったり、

臓器の働きが弱まることにより、症状があらわれる』と

考えています。

原因となる経絡や臓器にかかわるツボに、鍼やお灸をして、

経絡の流れや臓器の働き、そして症状の改善をはかります。

 

 

生理や妊娠にトラブルが生じたとき、

女子胞や任脈、衝脈の状態を診ます。

任脈や衝脈の流れがとどこおっているときは、

これらの経絡上にあるツボに鍼やお灸をして、

女子胞の働きを整えます。

 

 

さぁー、どんどん大ざっぱに進みますよ~。

ついてきてねぇ~。

 

 

女子胞とつながりが深い臓器は3つ。

心、脾、肝です。

 

tms_heart_meridian

赤いラインは、手少陰心経(て・しょういん・しんけい)という経絡。

臓器の『心』にもつながっています。

心は、血を全身にくまなく運行させる働きがあります。

心の働きが弱くなると、血の巡りが悪くなり、

生理や妊娠に影響することがあります。

 

 

東洋医学の臓器、例えば『心』と、西洋医学の臓器『心臓』は、

働きが異なる部分があります。

2つを、同一のものとは思わないでくださいね。

 

 

spleen_meridian

赤いラインは『足太陰脾経 あし・たいん・ひけい』という経絡。

この経絡は、臓器の『脾』にもつながっています。

脾の働きの1つに『統血』があります。

血が外に漏れることを防ぎます。

脾の働きが弱まると、血尿、血便、子宮出血、月経過多などの

症状があらわれることがあります。

 

 

liver_meridian

赤いラインは『足闕陰肝経 あし・けついん・かんけい』という経絡。

肝は血をたくわえ、カラダの活動状況に応じて血液量を調整します。

生理や妊娠のときにもかかせないことですね。

 

 

おぉ! 今日はツボ・モデル子ちゃんがたくさん登場!

東洋医学では、生理と妊娠をどう診るか…。

ちょこっと紹介しました。

うまく伝わったかなぁ~?

次回は、このテーマの続きです。

よろしくです!!!

 

 

おっ!おまけの話。

鍼灸院の待合室にある胡蝶蘭。

 

2015_02_20_001

 

咲きました!

昨年の8月から10月まで1輪咲き、

今回は2輪咲きそう!

ということは、半年後の8月には3輪咲くぅ~!?!

うふふふふっ…。

また報告いたします!

 

特集~生理と妊娠の話②~生理とホルモンの関係

特集ブログ、『生理と妊娠の話』第2弾!

いきなり問題です。

『生理のサイクル』をつくる司令塔は、誰でしょう?

1.子宮 2.卵巣 3.脳 4.ホルモン

直感でお答えください!

チ、チ、チ、チ、チ、チ、チ、チ。

答えは、4番のホルモンです。

今日は、ホルモンに注目しながら、

『生理のしくみ』をご紹介します。

 

 

 

menses_001

 

脳の下垂体(かすいたい)から、

卵胞(らんほう)刺激ホルモンが分泌。

このホルモンは、血液とともに血管を流れ、

卵巣にたどりつくと指令を発信。

卵巣の中の卵胞が成熟していく。

 

 

 

menses_002

 

成熟した卵胞から卵胞ホルモンが分泌。

このホルモンも血管を流れ、

子宮内膜にたどりつくと指令を発信。

子宮内膜は受精卵のためのベットを作り始める。

 

 

 

menses_003

 

子宮内膜が厚くなると、

脳の下垂体から黄体(おうたい)形成ホルモンが分泌。

このホルモンが卵巣にたどりつくと指令を発信。

成熟した卵胞から卵子がポンッ!と飛び出す(=排卵)。

飛び出した卵子は卵管に入り、そこで待機。

 

 

 

menses_004

 

卵子が飛び出した後、卵胞は黄色に変色し、『黄体』と改名。

黄体は黄体ホルモンを分泌。

このホルモンが子宮内膜にたどりつくと指令を発信。

子宮内膜はベットの上にフカフカの敷布団を作り始める。

しっかり敷布団もできると、受精卵の着床準備OK。

 

 

 

menses_005

 

卵管にいる卵子が精子に出会わないと、

子宮内膜に作ったベットも敷布団も必要なく、はがれ落ちる。

血液とともに排出(=生理)。

 

 

 

もし…、

子宮から上がってきた精子が、卵管までたどりつくと、

 

menses_006

 

精子と卵子が結合(=受精)。

受精した卵子は受精卵となり、

子宮内膜の敷布団の上に受精卵がのる(=着床)。

黄体は、『妊娠黄体』に改名し、

黄体ホルモンを分泌し続け、

すくすく受精卵が育っていく(=妊娠)。

 

 

いかがですか。

司令塔のホルモンって、すごいヤツだと思いませんか。

ここで、男性の皆さんに質問です。

今日ご紹介したホルモンは、皆さんの体の中にもあると思いますか?

チ、チ、チ、チ、チ、チ、チ、チ。

答えは…、ありまーす!

脳の下垂体から分泌される『卵胞刺激ホルモン』は、

精巣に働きかけ、精子の形成が促されます。

同じく脳の下垂体から分泌される『黄体形成ホルモン』は、

精巣に働きかけ、

男性ホルモン(テストステロン)の生成と分泌が促されます。

ホルモンの名前が女性っぽいですが、

男性にとっても大事なホルモンです。

 

 

さて、ラスト問題です。

血管は全身をめぐっていますね。

血液とともに血管の中を流れるホルモンが、

特定の臓器に的確な指令を発信できるのはなぜでしょうか?

答えが難しくて、選択問題にもできません!

えーい、もう答えます!

指令を受けて行動する臓器には、

あるホルモンに対して特異的に反応する受容器をもつ、

『標的細胞』という細胞があるからです。

血液中に分泌されたホルモンが微量であっても、

受容体は見逃しません。

すっすごいヤツですね。

 

 

おー、今日もブログが長くなってしまった…。

コンパクトにできないなぁ~。

毎度毎度、おつきあいいただき、ありがとうございます。

 

特集~生理と妊娠の話①~血液力

女性専門の鍼灸院のブログなのに、

婦人科のことをテーマにすることが少ない…。

うっ…、気になっていました。

2012年10月、『生理』をテーマに特集を組みましたが、

今回はちょびっと視点を変えて書いてみます!

よろしくおつきあいください。

 

 

生理とは、「約1ヶ月の周期で起こり、

数日で自然に止まる子宮からの出血」ですね。

特集第1回目のテーマは、『血液力』。

血液の働きをご紹介します。

 

 

心臓の拍動とともに、心臓から送り出された血液は、

脳から足先まで、全身の血管を流れ、

心臓に戻ってくると思いきや、心臓を通り抜け、

運んできた二酸化炭素を肺で酸素に交換してから、

心臓に戻ります。

 

 

さて、問題です!

心臓から出た血液が心臓に戻るまで、

どれくらい時間がかかると思いますか?

……………………。

答えは約1分です。

めちゃくちゃ速いですねぇ~。

 

 

血液が流れる血管には、

動脈と静脈と毛細血管(もうさいけっかん)があります。

毛細血管は、動脈から静脈に移行する部位にあります。

全身の血管のうち、9割が毛細血管です。

さて、第2問です。

毛細血管は、「髪のように細い血管」と書きますが、

髪の毛と同じ太さでしょうか?

……………………。

答えは、髪の毛の約20分の1だそうです。

と言われても想像ができませんねぇ~。

 

 

またまた問題です。

これらの3種類の血管をすべて1本につなぐと

どれくらいの長さになると思いますか?

………………………。

なっなんと、約9万㎞。

地球の2周分!

うっひゃあ~~~!

 

 

体の中の血液量は体重の8%。

体重50㎏の方の血液量は、約4㎏。

1回の生理で排出される経血(けいけつ)は、約15~130g。

平均約50g。

経血の中身は、ほとんど古くなった子宮内膜で、

子宮の内壁から剥がれ落ち、血液とともに排出されます。

血液は経血全体の約10分の1。

一時的に体内の血液量は減りますが、すぐに戻ります。

 

 

ヒトの体は、約60兆個の細胞でできています。

血液は、各々の細胞に新鮮な酸素や栄養分を送り、

細胞から二酸化炭素や老廃物を受け取って戻ります。

年中無休の仕事ですねぇ…。

 

 

血液中の『赤血球』。

こいつは酸素をかついで、細胞に届けます。

赤血球は毛細血管の直径よりも大きいのに、

形を変えて狭いところもスススのスーイ!

 

 

血液中の『白血球』。

こいつは、いくつかの種類があり、チームワークはバツグン!

血管とリンパ管を巡回し、

体内に入ってくるウイルスや細菌と戦い、

私たちを守っている!

えらいっ!

 

 

血液中の『血小板 けっしょうばん』。

こいつは、怪我などで血管が傷つくと、

傷口に集まってふさぎます。

ありがとー!

 

 

食事によって体内に取り込まれた栄養素は、

細胞内で新しい物質に合成されたり、分解されます。

そのときに、熱エネルギーが発生します。

その熱エネルギーが血液を温めます。

温まった血液が全身をめぐり、

約36℃の体温を保ちます。

 

 

『生理』にも『妊娠』にも欠かせないのがホルモン。

脳や卵巣から分泌されるホルモンを、

必要な臓器まで運んでいるのが、血液!

届いたホルモンの指令によって、

子宮や卵巣は、生理の手順をきちんと踏めます。

 

 

さーあ、ラスト問題です。

血液はどこで造られるでしょうか?

……………………。

答えは、頭蓋骨や胸骨、背骨などの骨の中です。

では、東洋医学では、『血 けつ』は主にどこで造られるでしょうか?

答えは、五臓六腑の脾(ひ)。

 

 

spleen_meridian

 

この赤いラインは、『足太陰脾経 あし・たいん・ひけい』という経絡。

この経絡は『脾』にもつながり、

血のめぐりを整える働きがあります。

婦人科の症状を治すとき、

この経絡上にあるツボに、鍼やお灸をします。

 

 

おぉー、サイコーに長いブログとなりました。

難しい話におつきあいいただき、ありがとうございます!

次回のブログは、コンパクトになる……かなぁ~~?~~?~~?