コトー Blog & Vlog

東洋医学のこと、鍼灸治療のこと、パーソナルトレーニングのこと、日々の暮らしのこと…。カテゴリー別に書き連ねています…。ちょこっと、動画も始めました…。

眼精疲労・疲れ目のメンテナンス法~ストレッチング編

右眼を外側から見た図。

顔を動かさなくても眼球だけをあらゆる方向に動かせるのは、

眼球に直に6つの筋肉がつき、

働くからなんだなぁ~。

イラストにある5つの筋肉と

もう1つ、[内側直筋]という筋肉が鼻側についている。

 

ずーっとスマホやパソコンを見続けると、

視線が大きく動かないから、

これらの筋肉も大きく動けないので疲れちゃう。

そんなときはこれらの筋肉のストレッチングをしよう!!!

 

まず、正面を向こう!

顔や体は動かさずに、両目だけで、できる限りの真上を10秒ほど見る。

⇒同じく顔と体は動かさずに、両目で、できる限りの真下を10秒ほど見る。

⇒できる限りの右側を10秒ほど見る。

⇒できる限りの左側を10秒ほど見る。

⇒できる限りの斜め右上を10秒ほど見る。

⇒できる限りの斜め左下を10秒ほど見る。

⇒できる限りの斜め左上を10秒ほど見る。

⇒できる限りの斜め右下を10秒ほど見る。

 

このストレッチングのポイントは、

顔を動かさずに目だけで、できる限りの端っこを見ること。

眼球につく筋肉が伸ばされているなぁ…と何となく感じるはず。

 

もう1つ、ストレッチング法を紹介するよん!

 

まず、正面を向こう!

顔と体は動かさずに、両目で、できる限り真上を見よう!

⇒視線で大きく円を描くように、上から右に視線を動かそう。

⇒ゆっくり滑らかに、視線を右から下へ動かそう。 大きく円を描くように!

⇒視線を下から左へ動かそう。 大きく円を描くように! ゆっくり! 滑らかに!

⇒視線を左から上へ動かそう。

 

反対回しも大きく円を描くように、ゆっくり、滑らかにやってみよう!

 

このストレッチングのポイントはできるだけ外側を見て、大きく回すこと。

眼球についている筋肉がストレッチングされているなぁ…と何となく感じるはず。

もう1つのポイントはゆっくり滑らかに視線の輪を作ること。

速く動かすと筋肉が雑にストレッチされる。

ゆーっくりと視線をずらそう。

「滑らかに回せないなぁ…」と感じる方は、

これらの筋肉の協調性が落ちているかも。

毎日、こつこつとこのストレッチをすると、

滑らか~に眼球を動かせるのようになるよ~ん!

 

前回のブログで紹介したように、遠近のピントを合わせるのは、水晶体。

その水晶体を動かすのは毛様体筋[もうようたいきん]。

近くばかり見ていると、コイツも疲れやすいから、ストレッチしてほしい!

 

室内にいる方は外の景色が見える窓に近寄ってほしい。

遠くの景色の中で、看板や1本だけある木など、

焦点を合わせやすい箇所を見つけ、そちらに顔と体の向きを合わせよう。

遠くのその箇所と目を結んだ線上に、

人差し指の先端を置こう。

顔から20㎝くらい離れた所かな~。

ピントが合わせやすい所に置いてね。

 

まず、人差し指の爪をじーーーーーっと10秒間ほど見る。

⇒素早く、遠くの焦点を合わせる箇所に視線を移動し、じーーーーっと10秒間ほど見る。

⇒素早く、人差し指の爪に視線を移動し、じーーーーーっと10秒間ほど見る。

10回ほど繰り返す。

 

このストレッチングのポイントは、

じーっと食い入るように見つめた後、

素早く、遠く、あるいは近くに視線を切り替えること。

 

コトーは両目だけでなく、片目を閉じて、片方の目だけでも、このストレッチングをしている。

 

長時間、近くを見続け、ピントが合いにくい時は、遠くをぼーっと見たり、

目を閉じて休ませるほうがいいかも…。

 

水で濡らして絞ったタオルを電子レンジで1~2分間温めると

蒸しタオルができる。

両目を閉じて、まぶたの上に蒸しタオルを置くと、

目の周りの血行が良くなり、気持ちいいよ~ん。

目が充血している時は逆に冷やしたほうがいいかも…。

 

鍼やお灸で首と肩の筋肉のこわばりをほぐすと、

「目がすっきりしたぁー」

「視界がいいー」という方が多い。

慢性的な首コリや肩コリがある方は、それらを解消することも大切なんだなぁ…。

 

室内にいる時間が多いと、遠くにピントを合わせる機会が少ない。

意識的に、窓の外を見よう!

えっ?

窓のすぐ向こうは、隣のマンションの窓?!?

う~ん、う~ん、う~ん…。

 

福岡市南区にある、女性専門鍼灸とパーソナルトレーニング、

≪レディース鍼灸ことう+≫の

女性鍼灸師・理学療法士のコトーが長々と書き連ねました。

 

長い梅雨が明けて、じりじりと暑くなってきましたね。

皆様、しっかり睡眠をとり、しっかり食べて、適度に運動し、

夏を乗り切りましょう!!!

眼精疲労・疲れ目のメンテナンス法~ツボ押し編

眼球の正面断面図。

眼球の正面・中央には、水晶体というレンズがある。

水晶体の厚みが薄くなると遠い所に視点が合い、

厚くなると近い所に視点が合う。

この水晶体の厚みをコントロールするのが毛様体筋[もうようたい・きん]という筋肉。

水晶体の周りをリング状に毛様体がついている。

この毛様体の一番外側にあるのが毛様体筋なんだなぁ~。

 

近くに視点を合わせ続けるためには、水晶体の厚みが必要。

毛様体筋がずーーーーっと収縮し、

水晶体の厚みをキープする。

心筋は24時間営業の疲れ知らずの筋肉だけど、

毛様体筋は違う!

長時間労働で筋疲労が生じ、

視点[ピント]を合わせるまでに時間がかかるようになる。

 

スマホやパソコンを長時間見続け、

目がぼやける、充血する、痛みが生じる…などの症状が現れるのは、

毛様体筋の筋疲労がきっかけなんだなぁ~。

 

もちろん、コンタクトや眼鏡の度数が合わなかったり、

白内障、緑内障、斜視、斜位、眼瞼下垂など目の病気が原因のこともある。

老眼が気になる始める40代後半からは、

眼科で視力、眼圧、眼底、視野、眼球運動の検査を定期的に受けよう!!

 

目を使う作業を続けるとすぐ目が疲れて、

視力の低下、目の痛み、頭痛、吐き気などの症状が出ちゃう…。

休息してもなかなか回復しない…。

回復しても作業を再開するとすぐ目が疲れちゃう…。

20代や30代でもそんな症状がある方は眼科で検査を受けてみよう!!!

 

目の周りにはツボがたくさんある。

ツボ押しで目の疲れを和らげよう!

1.攅竹[さんちく]。眉毛の内側にある。

2.魚腰[ぎょよう]。眉毛の中央にある。

3.絲竹空[しちくくう]。眉毛の外側にある。

4.陽白[ようはく]。魚腰の上1寸。1寸は手の親指の横幅程度の長さ。

5.睛明[せいめい]。目頭と鼻の付け根の間。

6.四白[しはく]。黒目の下にある骨の縁にあるくぼみ。

7.瞳子髎[どうしりょう]。目尻の外側の骨。

8.太陽。こめかみあたり。

すべて頭蓋骨の上にある。

 

目を閉じて、ゆーったりした気分でツボ押しをしよう!

親指や人差し指の先端で、くるくると押し回し。

1か所につき10秒程度。

痛気持ちいい程度の強さ。

激しい痛みを感じるときは、そのツボは避けよう。

 

鍼治療では、1の攅竹に細くて小さい鍼をちょこんと刺して、しばらく置くと、

目がすっきりするよ!!!

 

 

うっ、どアップでちょっと恥ずかしい…。

[サングラスをかける]イコール[かっこいい大人]とコトーは思っていた。

ド近眼のコトーは眼鏡なしでは生活できない。

中学生の頃、コンタクトにチャレンジしたが、

まぶたの内側がこすれて炎症を起こし、あきらめた…。

 

一生、サングラスは掛けられない…と思い込んでいた。

「あっ! 度付きのカラーレンズをサングラスにはめ込めばいいんだ!」

数年前に気づいた。

外出するときに普段使用の眼鏡も持ち歩かなければならないが、

あこがれのサングラスを掛けられることがうれしくてルンルンだったなぁ~。

 

福岡市南区にある女性専門鍼灸&パーソナルトレーニング、

《レディース鍼灸ことう+≫の女性鍼灸師・理学療法士のコトーでした。

次回は[眼精疲労・疲れ目のメンテナンス法~ストレッチング編]だよ~。

お楽しみに!!!

特集~器官や臓器の症状に働きかけるツボたち①~目

 

縦割りした眼球。

レンズの働きをしているのが、水晶体。

水晶体の周りには、毛様体筋(もうようたい・きん)という筋肉がある。

毛様体筋の伸び縮みにより、水晶体の厚みが変わり、

遠近調節(=ピント)を行っている。

 

 

さらにグロテスクな絵で申し訳ない…。

右眼を外側からみた図。

上下、左右、斜め、といろんな方向に眼球を動かし、

顔を動かさなくても広範囲に見ることができるのは、

頭蓋骨からたくさんの筋肉が眼球にくっついてるから。

 

 

バスや電車に乗ると、

ほとんどの乗客がスマホを見てる。

あなたは1日どれくらいスマホを見てる?

 

 

スマホやパソコンなど長時間、近くのものばかり見ると、

毛様体筋が疲労し、

ピントを合わせるまでに時間がかかるようになる。

見るものがぼやける、目が充血する、痛みが生じる、などの目の症状だけでなく、

首こりや肩こりなどの症状も伴いやすい。

 

 

 

睛明(せいめい)、承泣(しょうきゅう)、瞳子髎(どうしりょう)、

四白(しはく)、攅竹(さんちく)、絲竹空(しちくくう)、陽白(ようはく)。

目の症状に働きかけるツボは、目の周辺にたくさんある。

お灸はできないので、小さくて細い鍼をちょこんと置く。

目が疲れたときには、ツボ押しも気持ちがいい。

 

 

 

翳風(えいふう)、完骨(かんこつ)、風池(ふうち)、

天柱(てんちゅう)、瘂門(あもん)、風府(ふうふ)…。

うなじにあるツボ。

目の症状があるとき、首こりの激しい方が多い。

これらのツボに鍼やお灸をして、こりを取ることも必須!

 

 

 

肩井(けんせい)、肩中兪(けんちゅうゆ)、肩外兪(けんがいゆ)、

曲垣(きょくえん)、天髎(てんりょう)…。

肩周辺にあるツボ。

うなじの筋肉は肩までつながってるものもあり、

肩のこりを取ることも必須!

 

 

全てのツボに鍼やお灸をするわけではないけれど、

目の症状にかかわるツボは、たくさんあるんだなぁ…。

次回は、耳の症状に働きかけるツボたちを紹介するよ~ん!

さぁて、おまけの話。

 

 

 

九州南部が梅雨入りし、

九州北部の福岡ももうすぐ!

慌てて庭の草むしりをした。

見て見ぬふりをしていたので、雑草が伸び放題!

45ℓのごみ袋が3袋!

すっきりとした庭にあじさいが映えるなぁ~。

 

目の疲れとそれに伴う不調を鍼とお灸で解消しよう!

2016_12_18_001

普段使用の遠近両用眼鏡と、手作業など手元だけをみる眼鏡。

今年に入って2つの眼鏡を使い分けている。

 

 

eyeball

眼球の正面断面図。

近くや遠くに焦点を合わせるのは、水晶体。

水晶体の周りに毛様体小帯(もうようたいしょうたい)があり、

毛様体小帯の周りに毛様体筋がある。

毛様体筋を収縮させたり弛緩させて、

水晶体の厚みを変え、

近くや遠くにピントを合わせている。

 

 

老眼になると水晶体の弾力性が落ち、

焦点が合いにくくなる。

コトーは、普段使用の眼鏡では手元のちーっこい文字がぼやけ、

眼鏡を外したほうが読めるようになった。

すっかり老眼の仲間入り…。

 

 

では、スマホやパソコンなど手元を長く見ると、目はどうなるか…。

長時間近くのものを見ていると、

毛様体筋の筋疲労が生じ、

焦点を合わせるまでに時間がかかり、

目がぼやけたり、充血したり、痛みが生じる。

また、目の症状だけでなく、

首こりや肩こり、頭痛などの症状を伴うこともある。

 

 

eyaball_muscles_yk_001

右目を外側から見た図。

顔を動かさなくても、眼球だけをいろーんな方向へ動かせるのは、

たーくさんの筋肉が眼球にくっつき、働くから。

目の疲れをとるには、毛様体筋だけでなく、

これらの筋肉のコリをとることも大切。

 

 

 

asp_face_model_001

目の周りにツボはいっぱい!

お灸はできないので、極細・極短の鍼をちょこんと置いて、

こわばった筋肉をほぐす。

手や足にも目の疲れをとるツボがあり、

そこにも鍼やお灸!

 

 

もちろん、目の疲れに伴う首こりや肩こり、頭痛などの不調も

鍼やお灸でとることも大切。

くっきりと見えるようになる…。

 

 

「顔に鍼はちょっと怖い」という方は、顔のツボ押しがおすすめ!

顔だけでなく、頭皮や耳のマッサージをしたら気持ちがいいよ!

 

 

来年2017年1月24日(火)に、

『疲れ目からくるさまざまな不調…お灸とツボ押しでセルフケア』と題した、

お灸講座があります。

詳しくは『お知らせページ』や主催の西日本リビング新聞社のホームページ、

http://home.livingfk.com 『リビング福岡』 をご覧ください。

 

 

手や腕のツボへのお灸、

顔や首・肩のツボ押し、

頭皮と耳のツボ・マッサージ、

日常生活の中で簡単にできる疲れ目の対処方法…と、

内容が盛り沢山!

ぜひご参加ください。

来年もお灸伝導師コトーは飛び回るよ~!!!

 

目の疲れに鍼とお灸はいかが?~その2

いきなりの問題です!

私たちは、1分間に何回ぐらい、

まばたきをするでしょうか?

?????

普段、1分間に10~20回ほどです。

では、パソコンなどの画面を見ているときは?

?????

まばたきは5~10回ほどに減るそうです。

まばたきの回数が減ると、目が乾燥し、

疲れやすくなります。

 

 

近い所を見るときの目の働きは…、

水晶体(レンズ)の端についている毛様体筋

(もうようたいきん)という筋肉が収縮する。

        ↓

水晶体が厚みを増す。

        ↓

近くがよく見える。

 

となると、

パソコンや本など近くのものを長時間見続けていると、

毛様体筋が緊張し続け、筋疲労を起こします。

すると、

ピントをあわせるまでに時間がかかり、

目がぼやける、充血する、痛みが生じる、などの

症状が現れます。

 

長時間、目を酷使するときには、

ときどき目の筋肉を休ませてあげたいですね。

目を閉じる…。

遠くをボーッと眺める…。

ツボ・マッサージも気持ちいいですよ。

 

目の疲れに効くツボは、たーくさんあります。

ちょっとご紹介!

 

 

1.攅竹(さんちく)、 2.魚腰(ぎょよう)、3.絲竹空(しちくくう)、

4.陽白(ようはく)、 5.睛明(せいめい)、 6.四白(しはく)、

7.瞳子髎(どうしりょう)、 8.太陽(たいよう)。

眉毛を竹林や魚の腰?に見立てるなんて、

面白いですね。

 

眼球はとってもデリケート!

眼球周辺のツボをマッサージするときは、

まぶたを閉じても、眼球の上を押さず、

目の縁の骨を押しましょう!

 

鍼治療は、これらのツボに極細の、極短の、鍼を

ちょこんと1mm程度、皮膚に水平に刺します。

目がしゃきーん!とすっきりします。

 

顔に鍼なんて怖い!?!?

そんな方は、鍼やお灸で、首こりと肩こりを

とるだけでも、目の疲れがとれますよ。

当鍼灸院では、首こりや肩こりの治療に

来られる方が多いです。

治療直後の第一声は…

第1位が、

「あーっ、肩の力が抜けた!」

「肩が軽くなった!」

第2位が、

「視界が明るくなった!」

「よく見える!」

です。

ぜひ、おためしを!!!