コトー・ブログ

東洋医学のこと、鍼灸治療のこと、パーソナルトレーニングのこと、日々の暮らしのこと…。カテゴリー別に書き連ねています…。

特集:筋肉のコリと痛みの話②~筋肉の働き・補足

特集ブログの第1話のおさらいと補足です。

筋肉の働き・その1・関節を動かす!

「遅刻しそう!走ろう!」と思った瞬間、走る動作に必要な筋肉に、脳は指令を送る。膝関節に注目してみると…。

脳からの「速く膝関節を動かせー!」という指令を受けて、膝を伸ばす筋肉(赤色)と曲げる筋肉(青色)は、素早く伸び縮みを繰り返す。頑張ってるよぉ~~~!

筋肉は伸び縮みをすると、熱を発生する。運動嫌いや汗かき嫌いの冷え性の方に、「走って!とは言わない。歩くだけ、散歩するだけでいいので、体を動かしましょう!」と提案するのは、そのため。自分の体の中から熱を作り出し、それを保温するのが、冷え性からの脱却の近道!

 

筋肉の働き・その2・姿勢を保つ!

地上にいる限り、天から地へと重力(青矢印)がかかっている。ツボモデル子ちゃんは簡単に立っているように見えるが、立位に必要な筋肉に脳が指令を送り、各々の筋肉が「はい!分かりました!」と素直に働くから、立っていられる…。重力下では、静止時だけでなく運動時も姿勢が大きくぶれないように筋肉を使ってバランスをとっている。例えば…。

ツボモデル子ちゃんが椅子に腰かけ、左横にぶら下がったハートを取ろうとしている。おっ!風が吹いてきた。左腕を伸ばしただけではハートに届きそうにない。体重を左に載せて、よいしょーーーー!!!上半身を左に傾けすぎると左へ倒れてしまう。倒れそうになると、バランス反応という反射が出現する。身を守るための反射であり、自分の意志とは関係なく、無意識に現れる。この状況ではどんな反応が出現するかというと…。

床面や椅子の座面に対して、頭は垂直に保つ。右の腕や脚は外側に開き、重心が左へ大きくずれないようにバランスをとっている。(鏡の前でポーズをとりながらデッサンしたけれど、イラストにするのは難しい…。皆さんに伝わったな???)

こんなふうに、動いていても、じっとしていても、脳は筋肉に指令を送り、筋肉は忠実に従い、関節を動かしたり、止めたりしている。

 

筋肉の働き・その3・年中無休で働く!

心臓に蓄えられた新鮮な血液は、心筋という心臓の筋肉の収縮で、血管に押し出され、全身を巡る。心筋は年中無休でポンプの役目を担っている。お疲れさぁーん!って言いたいけれど、心筋は特殊な筋肉で疲れないんだなぁ~。

 

筋肉の働き・その4・筋肉同士でサポート!

年中無休といえば、横隔膜(横隔膜)と外肋間筋(がい・ろっかんきん)という筋肉も1年中働く。肺を膨らませて肺に酸素を取り入れ、肺をすぼませて二酸化炭素を出している。全速力で走り息切れをしている時、これらの筋肉だけでは肺を大きく速く動かして、体に十分な酸素を取り入れることが難しい。そ、こで、肩を挙げる筋肉や上半身を反らす筋肉などがサポートして、肺を大きく速く動かす。普段は関節運動をしているが、いざというときにサポーターになる『呼吸補助筋』という筋肉は11個もある!

 

筋肉の働き・その5・内臓を守る!

太古から、肋骨と骨盤の中に内臓を納め、さらに腹筋や背筋(はいきん)(背中の筋肉)でふたをして、外部の衝撃から内臓を守っていたんだなぁ~~~。

 

筋肉の働き・その6・免疫をサポート!

タンパク質の原料であるアミノ酸は、筋肉にたくさん貯蔵されている。『グルタミン』というアミノ酸は免疫細胞のエネルギー源。免疫機能にも筋肉はかかわっているんだなぁ~~~。

 

筋肉に関して調べていたら、あれも!これも!と書きたいことが増えてくる。これからも脱線するかもしれませんが、特集ブログにおつきあい下さい。次回は、筋肉のコリと痛みのメカニズムを書く予定です。よろしくぅ~~~~~。

福岡市南区にある、女性専門鍼灸とパーソナルトレーニング≪レディース鍼灸ことうプラス≫の女性鍼灸師コトーでした。ツボモデル子ちゃんの座っている姿勢のイラスト描きにかなり時間を費やし、自画像をイラストする余力はなかったよぉ~~~。

特集:筋肉のコリと痛みの話①~筋肉の働き

筋肉の働き・その1・関節を動かす!

下手なイラストですみませ~ん。右側から、お尻と太ももを中心に見た図。膝を伸ばす筋肉(赤色)は4つあり、太ももの前側についている。骨盤と太ももの骨から始まり、膝蓋骨(しつがいこつ)をくるんで、すねの骨につく。これらの筋肉が縮まると、膝蓋骨とすねの骨が上方に引っ張られ、膝が伸びる。膝を曲げる筋肉(青色)は3つあり、太ももの後ろ側についている。骨盤から始まり、すねの骨につく。これらが縮まるとすねの骨が上方に引っ張られ、膝が曲がる。

膝に限らず、どの関節もゆっくり動かしたり、速く動かしたり、途中で止められる。どうしてそんなことができると思う?実は曲げる筋肉と伸ばす筋肉が協調して動くから。膝を伸ばす筋肉が、動かしたいスピードで縮まるとき、膝を曲げる筋肉は、それに合わせて力を抜き、ゆるませる。膝を伸ばすのを止めたいときは、膝を曲げる筋肉も力が入り、伸ばす筋肉も曲げる筋肉も縮まる。

関節をいろーんなスピードで動かし、止めて、また動かすには、いろーんな筋肉の協調が必要なんだなぁ~。腰を何度も痛めるのは腹筋が弱いからだ!腹筋を鍛えよう!と意気込んでも、腰の筋肉や腹筋の柔軟性や協調性を無視して、腹筋だけ鍛えるだけでは、慢性の腰痛からはなかなか抜け出せない。

 

筋肉の働き・その2・姿勢を保つ!

背骨は、7個の頸骨、12個の胸骨、5個の腰椎、合わせて24個の骨で構成されている。

 

これは腰の骨(灰色)、2個の連結。横から見た図。右がおなか側。左が背中側。紫、黄緑、黄色、濃いピンク、水色で塗られた部分が靭帯(じんたい)。1つ1つの背骨を結び付けている。薄いピンクの部分は椎間円板(ついかんえんばん)。骨と骨がぶつからないようにクッションの役目を担っている。これらの靭帯の周りにはたくさんの筋肉が背骨につき、そのおかげで背中を丸めたり、反らしたり、捻ったり、横に傾けたり…と、いろんな方向に動かせる。

地球には重力があり、立位、椅子座位、床座位、四つ這い、膝立ちなど、寝た姿勢以外では、重力に逆らって姿勢を保つため、筋肉の力が必要となる。背中の筋肉や腹筋の筋力が落ちると、重力に逆らいきれずに、猫背になっちゃう…。

 

筋肉の働き・その3・年中無休でも働く!

 

 

いきなり問題!これはどこの筋肉だと思う???????なーんと、心臓の筋肉。

分かりにくいけれど、上部と左下に、動脈と静脈がある。心臓の中で蓄えられた新鮮な血液は、この筋肉が縮まることにより、動脈に押し出され、全身を巡る。関節を動かしたり、姿勢を保つときに使われる筋肉とは質が異なり、休まずに働いても疲れないんだよー。ご苦労さーん!!!

 

筋肉の働き・その4・サポーターもする!

胸を前から見た図。1つ1つの肋骨の間には肋間筋(ろっかんきん)という筋肉がある。肋骨と肋間筋を取り除くと、右側のように、肺と横隔膜(おうかくまく)がある。

 

腹式呼吸で息を吸うときは、横隔膜が縮まり、胸腔(水色)が引き下げられ、肺が広がり、肺に空気が入る。

 

胸式呼吸で息を吸うときは、外肋間筋が働き、斜め下ぎみの肋骨たちが少し上に持ち上げられ、胸腔は横に広がり、肺も広がり、肺に空気が入る。息を吐くときは、横隔膜と外肋間筋が力を抜き、ゆるむと、肺がすぼんで空気は吐き出される。普段、私たちは無意識に呼吸をしているが、筋性の膜である横隔膜と、外肋間筋の活躍のおかげなんだなぁ…。

ダッシュで走りこんだ後、肩を上下させて、乱れた呼吸を整えるよね?肩を持ち上げる筋肉や背中の筋肉などが横隔膜たちをサポートして胸腔をより広げ、肺にたくさんの空気を送るんだなぁ…。サポーターたちを呼吸補助筋といい、普段は他の仕事をしている筋肉が必要に応じて助っ人になる。

わぁお!またまた、長いブログになっちゃった。次回は筋肉のコリと痛みのメカニズムを書くよーん。しばらく、難しい話が続くけれど、お付き合いください!!!

 

庭は雑草がボーボー。草むしりに追われている。福岡市南区にある、女性専門鍼灸とパーソナルトレーニングの≪レディース鍼灸ことうプラス≫の女性鍼灸師・理学療法士のコトーでした。

背中のコリを鍼とお灸でとろう!

10月の頭まで暑いだろうなぁ…。

そう覚悟していましたが、朝晩は涼しく、

日中も暑い~~~~~~~!ってほどではありません。

一気に不快指数が減ると、気を張っていた体がゆるむように、

やたらと眠かったりだるかったり…、

体調が不安定になりやすいですね。

 

 

ぎっくり腰をしちゃってぇ!

首こりや肩こりがひどくなって!

腰も重い気がする!

そう言いながら鍼灸院に駆け込んでくる方も増えています。

そんな方々の共通点は、背中のコリ。

 

 

 

spine_yk_001

 

背骨は、7個の頚椎(けいつい)、12個の胸椎、5個の腰椎、

仙骨(せんこつ)と尾骨で構成されています。

12個の胸椎の左右には肋骨がついています。

頚椎、胸椎、腰椎の1つ1つの骨は、靭帯(じんたい)で結ばれています。

そして、背骨を支えたり動かしているのが筋肉です。

 

 

背中を伸ばすときに働く筋肉は1つではありません。

最長筋(さいちょうきん)、腸肋筋(ちょうろくきん)、

多裂筋(たれつきん)、回旋筋(かいせんきん)、

頭半棘筋(とうはんきょくきん)、棘筋(きょくきん)、

腰方形筋(ようほうけいきん)、棘間筋(きょくかんきん)、

横突間筋(おうとつかんきん)、広背筋(こうはいきん)。

うわ~ぉ、10個!

筋肉のイラストを描こうとしましたが、あまりの多さに

描く前にギブアップしました…。

筋肉たちは頭蓋骨(後頭部)、頚椎、胸椎、腰椎、

肋骨、仙骨、腸骨、と様々な骨についています。

 

 

これらの筋肉の中でも、体の表面に近い筋肉がこってくると、

筋肉の盛り上がりを視診や触診で感じます。

コリが悪化すると筋肉はまるでピアノ線のように

硬いスジとなって感じます。

 

 

スジがあると背中のコリや痛みはなかなか取れないので、

丁寧に後頭部、首、背中、腰、お尻に触れて、

スジが隠れていないかチェックします。

スジを見つけると、そこにちょこちょこっと鍼を置いて、

スジをほぐします。

一緒にお灸をすると血流を促し、スジもほぐれやすくなります。

 

 

daizakyu_tisin_yk_001
<鍼+台座灸>

 

boukyu_tisin_yk_001
<鍼+棒灸>

 

kyutousin_yk_001
<灸頭鍼>

 

 

背中を伸ばす筋肉は背骨だけでなく、

重たーい頭や腕も支えています。

首や肩・腰のコリが強いと、背中のコリは気づきにくいですが、

背中もしっかりほぐしてほしいなぁ…って思います。

 

特集~肩甲骨の話②~肩甲骨、こっていますか?

首コリや肩コリ、背中コリは感じても、

肩甲骨のコリって感じにくい…。

では、肩甲骨がこっているか、チェックしてみよう!

 

tms_m_trapezius

まず、肩を触ってみよう!

 

 

trapezius_middle_fibers_001

この絵は、背中。

コリコリしているのは、僧帽筋(そうぼうきん)の真ん中の部分。

背骨から肩甲骨の上部についている筋肉!

 

 

 

この筋肉をぺらっとめくると奥にあるのは…、

 

suprasprinatus_001

肩甲骨の上部から腕の骨についている筋肉、

棘上筋(きょくじょうきん)!

 

tms_m_infraspinatus

次に、脇の下の筋肉をつかんでみよう!

脇の下に親指をあて、他の4本の指は背中に!

肩甲骨から腕の骨につく筋肉は、

先に挙げた『棘上筋』を含めて6つもある。

これらの筋肉が硬くなると、コリコリは分厚い。

 

 

latissimus_dorsi_and_teres_major_001

オレンジ色の広背筋(こうはいきん)は、

骨盤と背骨と肩甲骨の下部から、腕の骨についている。

骨盤から腕までつながっている筋肉は、これだけ。

すっごーい、でっかーい!

青色の筋肉は大円筋(だいえんきん)。

肩甲骨の下部から腕の骨についている。

 

 

infraspinatus_and_teres_minor_001

オレンジ色は棘下筋(きょくかきん)。

肩甲骨(中央ー下部)から腕の骨についている筋肉。

肩甲骨に薄くついているが、こりやすい。

その奥にひそんでいるのが小円筋(しょうえんきん)。

肩甲骨の外側から腕の骨についている。

 

 

subscapularis_001

肩甲下筋(けんこうかきん)はどこについてる?

この絵は体幹を前から見たもの。

右の上部肋骨が取り外され、奥の肩甲骨が見える。

肩甲骨前面から腕の骨についている筋肉は、肩甲下筋だけ。

肩甲骨と肋骨の間には指が入らないから、

この筋肉は脇の下でしか触れることができない。

こんなところにも筋肉があるんだなぁ~。

 

 

accupuncture_points_back_001

オレンジ色の点は、鍼やお灸で用いるツボ。

肩甲骨まわりにもいっぱいある。

首こりや肩こり、背中こりだけでなく、

肩関節の動きが制限される五十肩のときにも

肩甲骨周辺への鍼やお灸はかかせない。

自分の目には入らない肩甲骨の存在を忘れないでほしいなぁ~。

 

 

さて、ここでちょっとお知らせです。

6月と7月に3か所でお灸講座の講師をする予定です。

粕屋郡宇美町働く婦人の家 し~ず・うみ 主催のお灸講座は、

6月16日(火)と7月7日(火)の全2回。

2回にわたって講座をするのは初めて!

楽しみです。

西日本リビング新聞社主催のお灸講座は、6月30日(火)。

昨年に引き続き、今年も声を掛けていただきました。

ありがたいです。

太宰府市いきいき情報センター主催のお灸講座は、7月28日(火)。

こちらも昨年に引き続き、今年も予定しています。

お灸伝導師コトーは、かっ跳びますよー!

どの講座も市・町外の方も参加できます。

どうぞお気軽にご参加ください。

詳しくはトップページのお知らせをご覧ください。

 

ブログは、次回も肩甲骨の話が続きます。

地味な話ですが、おつきあいください!

 

足にまつわる話・その2~足に優しい靴選び

皆さんの住む街には、土の道はありますか。

私は幼少の頃、水たまりに長靴で入り、

バシャバシャ音を立てて足踏みをし、

「コーヒー牛乳のできあがり~」って、

楽しんでいました。

今はすべて舗装された道路になり、雨上りの

コーヒー牛乳は作れなくなりました。

 

土の道は、草履などの薄っぺらい履物でも

疲れませんが、硬い舗装道路はそうはいきません。

歩くのが大好きな私にとって、硬いアスファルトでも

足が疲れない靴を選ぶことが、とっても大事になります。

今日は私がこだわる靴選びをご紹介します。

 

1.靴は夕方以降に買う!

私は夕方からちょびっと足がむくむので、

むくんでいるときに靴を試し履きをして選びます。

 

2.足指が当たる部分の靴幅がフィットしている!

靴をはいて足がグーパーグーパーできるか。

親指や小指が靴に押されていないか。

足指にストレスをかけないと、足の疲れ方も変わってきます。

 

3.足の甲の押さえがきいている!

shoes_001

ヒモ靴や、足の甲にあたる部分に調節できるベルトが

ついていると、靴の中で足が前方へすべるのを

防いでくれます。

前方へすべると足指が靴の中で圧迫され、

疲れやすくなります。

薄手と厚手の靴下では、靴の中のゆとりが違いますね。

甲の押さえがヒモやベルトで調整できる靴は便利です。

 

4.靴の踵部分がしっかりしている!

shoes_002

靴の踵部分を、両サイドから親指と人差し指で

挟んでもへこまないものを選んでいます。

踵部分がしっかりしていると、踵に体重がどばっと

のってきた時に、左右に踵がぶれません。

また、歩いている時、地面から踵が離れた瞬間、

靴が足についてきます。

踵部分が柔らかく、自分の踵よりも靴の踵部分が

大きすぎると、靴の踵部分がパカパカ浮き、

歩きづらいです。

 

5.靴底に適度な硬さがあり、適切な位置で曲がる。

靴底がフニャフニャでも硬すぎても歩きづらいです。

座った姿勢で踵を床から上げてみてください。

指の付け根付近が曲がりますね。

靴底も同じ位置で曲がると、大股歩きが楽です。

以前、購入した靴は、フィット感がバツグンでした。

しかーし、靴底が硬すぎ、指の付け根部分が曲がらない!

長時間歩くと、変なところが筋肉痛になり、

たった1回しか履きませんでした。

高かったのに…。

もったいない…。

うっ…。

 

靴選びのポイントは他にもたくさんあります。

全部パーフェトなものを追及すると、オーダーメイドの

靴しかありません。

私は上記のポイントに絞って靴を選んでいます。

 

さぁて、次回は、『足にあるツボ』について書いてみようと思います。

よろしくぅ!