コトー・ブログ

東洋医学のこと、鍼灸治療のこと、パーソナルトレーニングのこと、日々の暮らしのこと…。カテゴリー別に書き連ねています…。

特集~器官や臓器の症状に働きかけるツボたち③~鼻と肺

 

1日約1万1000ℓ。

これはヒトが吸い込む空気量のこと。

1回吸う、あるいは吐くたびに、空気は約500ml出入りする。

ペットボトル1本分かぁ…。

 

 

皮膚、筋肉、骨、髪、爪、眼球、内臓など、

ヒトの各々のパーツはすべて細胞が集まって構成されている。

細胞の総数は約60兆個!

 

 

全身を巡る動脈の中を血液が流れているが、

血液には酸素が含まれている。

動脈の隣にある細胞は、血液中の酸素を取り込み、

エネルギーをつくる。

鼻と口から吸いこむ空気中の酸素は、

全身の細胞には必要不可欠の存在なんだなぁ…。

 

 

 

 

 

小鼻の横にあるツボ『迎香 げいこう』。

『香りを迎える』という、しゃれたネーミング。

ここにちょこんと短くて細い鍼を置き、

アレルギー性鼻炎や花粉症、風邪(かぜ)などによる

鼻づまりや鼻水を解消する。

ツボモデル君には描かれていないが、

『迎香』の少し上に、『上迎香 じょう・げいこう』というツボがある。

コトーはそっちのほうをよく使うなぁ…。

 

 

 

赤いラインは『督脈 とくみゃく』という経絡。

鼻の中央にも通っているので、鼻の症状を改善するときに、

この経絡上のツボも用いる。

よく使うツボは…。

 

 

 

 

 

 

前髪の生え際近くにある『上星 じょうせい』。

ここにもお灸はしずらいので、鍼をちょこんと置く。

 

 

アレルギー性鼻炎や花粉症などアレルギーは、

体の防御(免疫)システムの誤作動で起こる。

あらわれている症状(鼻水、鼻づまり、くしゃみなど)の1つ1つに対して

アプローチするだけでなく、

免疫システムの誤作動を正常に戻すことも大切。

そこで登場するツボは…。

 

 

 

 

 

首のつけ根にある『大椎 だいつい』。

ここは免疫力を整えるツボでもある。

ここにはよくお灸をするなぁ…。

 

 

 

 

 

『風池 ふうち』。

うなじにあるツボ。

体が弱っているときに、ここから風邪(ふうじゃ)(=風の邪気)が

入り込み、風邪(かぜ)を引く。

風邪(かぜ)を治すときのツボでもある。

 

 

 

 

 

『風門 ふうもん』。

肩甲骨と背骨の間にあるツボ。

ここも風の通り道になる。

風邪(かぜ)の引き始めには、この辺りがゾクゾクする。

そんなときには貼るホッカイロなどで温めても、

風邪(ふうじゃ)が退散しやすい。

 

 

『風門』の下にあるツボ『肺兪 はいゆ』。

肺に働きかけるツボであり、

咳、痰など呼吸器の症状を治すときに用いる。

 

 

 

 

 

ツボモデル君の背中。

首の赤矢印が『風池』。

背中上部にある緑矢印が『風門』。

その下の赤矢印が『肺兪』だよ~ん。

ツボモデル君は半身筋肉だが、

体の中央にあるツボ以外は左右対称にある。

 

 

 

 

 

 

赤いラインは『手太陰肺経 て・たいん・はいけい』という経絡。

この経絡は肺にもつながっている。

呼吸器の症状を治すときに、この経絡上のツボもよく用いる。

登場回数の多いツボは…。

 

 

 

 

 

 

 

赤矢印の『雲門 うんもん』と、その下にある『中府 ちゅうふ』。

鎖骨の外端の下にある。

ここに鍼もお灸もする。

 

 

左右の鎖骨の間にある『天突 てんとつ』。 赤矢印。

このツボは『手太陰肺経』の上にはないが、

咳やのどのいがらっぽさを治すときに鍼やお灸をする。

 

 

おっとっとー、

今回のブログも長くなってしまった。

症状として表にあらわれていることだけでなく、

そのバックグラウンドになっていることに対しても

アプローチすることが大事なんだなぁ…。

次回は『脳』に働きかけるツボをご紹介します。

どんな内容にしようか思案中!

お楽しみに!

 

特集~器官や臓器の症状に働きかけるツボたち②~耳

 

 

前から見た右耳。

耳から入った音は鼓膜を振るわせ、

耳小骨(じしょうこつ)に伝わる。

耳小骨にはツチ骨とキヌタ骨とアブミ骨があり、

ちっこい筋肉がついてる。

大音響が突然耳に入ったとき、

それらの筋肉はクッションとなり、音量を下げ、耳を守る。

ありがとさーん!

 

 

奥にある蝸牛(かぎゅう)で、音波は電気信号に変えられ、

神経を通って脳に伝えられる。

 

 

耳のもう1つの大きな働きは、バランス感覚。

『三半規管 さんはんきかん』は、3本のループ状の官が根元でくっついてる。

これらには毛をもつ細胞(=有毛細胞)があり、

頭の回転運動を感知する。

頭が回転するとリンパ液が流れるため、

有毛細胞の毛も押されて傾き、

傾き加減で回転運動を感知する。

三半規管の3つのループは互いに直角に位置し、

すべての方向の回転運動を区別する。

うっひょ~!

 

 

 

 

耳のまわりにはツボがいっぱい。

耳のすぐ前には、耳門(じもん)、聴宮(ちょうきゅう)、

聴会(ちょうえ)というツボが縦に並び、

耳の鍼灸治療によく用いられる。

 

 

耳の治療で鍼灸に来られる方は、突発性難聴や耳鳴りが多い。

耳のトラブル時には耳周辺の頭皮や首・肩のこわばりも強くみられる。

それらを改善し血の巡りをよくすることは、

耳の血の巡りの改善にもつながる。

 

 

 

 

耳の上や後ろのツボにはお灸ができないから、

短鍼を頭皮と水平にちょこんと刺す。

しばらく置いても、鍼が入ってる感じがしないよ~ん!

さて、耳に深くかかわる臓器がある。

 

 

 

そら豆じゃないよ。

腎臓。

東洋医学の『腎』と西洋医学の『腎臓』の働きは

若干異なる。

共通なのは尿の生成。

東洋医学の『腎』ではもう1つ大事な働きがある。

それは『成長』。

ヒトのあらゆる器官や臓器を成長させるには、

腎の働きがかかせない。

ということは、腎の働きが衰えると、

器官や臓器の機能の『老化』があらわれる。

難聴や耳鳴りなど耳のトラブルは老化によって生じることもあるので、

腎の機能に働きかけるツボへの鍼灸もかかせない。

 

 

 

 

 

 

 

 

背中には『腎兪 じんゆ』というツボがある。

ここに鍼やお灸をして、臓器の『腎』に働きかける。

 

 

 

 

赤いラインは『足少陰腎経 あし・しょういん・じんけい』という経絡。

この経絡は腎にもつながっているので、

この経絡上のツボを使うこともある。

これは東洋医学の考え方であり、

実際に腎が病んでいることではない。

ご注意を!

 

 

 

 

耳の中にもツボがいっぱい。

『耳は全身の各部位とかかわりがある』と、

東洋医学では考えてる。

耳たぶは頭と顔、耳の端は腕、その内側は脚と体幹、

耳の中央は内臓、と関連してる。

 

 

おっとっとー、ずいぶん話し込んでしまった。

次回は鼻の症状に働きかけるツボたちを紹介するよ~ん。

 

突発性難聴を鍼とお灸で治そう!

 

耳の中にツボがいっぱい!

コトーは耳ツボで治療はしないが、耳って大事なんだな…。

 

 

 

 

 

耳の周りにもツボがいーっぱい!

耳の前にあるツボ、『耳門 じもん』や『聴宮 ちょうきゅう』や

『聴会 ちょうえ』は、突発性難聴の治療には欠かせない。

短くて細い鍼をちょこんとツボに刺す。

 

 

東洋医学独特の考え方だが、耳は『腎』がつかさどっている。

長期に渡る疲労や加齢などが原因で、腎の働きが落ち、

耳のトラブルが生じることもある。

そんなときは、腎の働きを活性化させ、耳の症状を緩和させる。

 

 

 

赤いラインは『足少陰腎経 あし・しょういん・じんけい』という経絡。

腎にもつながり、この上には27個のツボがのっている。

反応があるツボを鍼やお灸で刺激し、

とどこおった経絡の流れを改善させ、

腎にしっかりエネルギーを送る!

それが耳のトラブルを緩和させる。

これは東洋医学の見方。

「耳が調子悪いから、腎臓も悪い」とは、結びつけないで!

 

 

 

 

 

突発性難聴の方は、首や肩、背中、頭皮のコリも激しく、

頭への血流もとどこおっていることが多い。

鍼やお灸でそれらのコリをほぐし、

頭や耳への血流を改善することも大事!

疲労が蓄積している方が多く、

休息をとることも、とーっても大事!

 

 

耳は症状が出たら、すぐ治療を開始するのが原則。

日にちが経つほど治りにくい…。

「あれっ、プールの中で音を聞いている感じ。聞こえにくい…」

そんなふうに、おかしいな?と思ったら、すぐ耳鼻科に行こう!

専門医に診てもらいながら、鍼灸治療をするほうがいいと思う。

 

 

さぁて、おまけの話。

皆さんは普段、耳は髪で隠れている? 隠れてない?

コトーはベリーベリーショートなので、1年中耳が見えている。

木枯らしが吹くと、耳がチョー寒い。

そんなときに重宝しているのがこれ。

 

 

 

 

 

げっ、アップに撮りすぎた。

耳までおおってくれる帽子。

かぶると髪がぺちゃんこになるけれど、大雪だってへっちゃらだい!

左右の紐の先にポンポン(=毛糸玉)がついている。

歩くときに大きく揺れる。

コトーは三半規管が弱いのか、乗り物酔いがしやすい。

絶え間なく揺れるポンポンが視界に入っていると、

気分が悪くなる…。

 

花粉症に皮内鍼(ひないしん)はいかが?

免疫。

疫(疫病)を免れる(まぬがれる)こと。

体の中に侵入しようとする物質を異物かどうかチェックし、

異物と判断したときにはそれを排除するシステムのこと。

 

 

免疫システムには中心となって働く臓器はない。

たくさんの種類の『免疫細胞』、

抗体やサイトカインなど『免疫にかかわる物質』、

リンパ節や脾臓、骨髄など様々な『器官・組織』が、

複雑なネットワークで、免疫システムを構築している。

 

 

例えば、免疫細胞の1つ、マクロファージ。

体内に細菌などの物質が侵入したとき、

マクロファージは積極的にそいつらに近づき、

ぱくついちゃう!

そして、マクロファージはぱくついた物質の一部を、

T細胞(リンパ球の1つ)(免疫細胞)に、

「こんなヤツがいたよ!」と見せる。

すると、T細胞はそいつが異物かどうか判定する。

異物だと判断すると、役割分担された免疫細胞たちに指令を送る。

悪いヤツラだとわかると、マクロファージはバクバクぱくついて、

こなごなにしちゃう!

すごいなぁ…。

 

 

例えば、骨髄。

骨髄は骨の中央にあり、

免疫細胞の元になる『造血幹細胞』をつくっている。

骨も免疫に関係しているんだなぁ…。

 

 

自分ではまったく気づかないけれど、

体の中でいろいろな免疫反応が働くおかげで、

疫病を免れているんだな…。

 

 

アレルギー。

本来ならば、体の中に入っても害のない物質を異物と判断し、

異物から体を守ろうと、免疫反応が過剰に働くこと。

 

 

目や鼻の粘膜にくっついた花粉やハウスダストなどを異物と判断し、

それらを追い出そうと涙や鼻水が出たり、くしゃみをする。

また、目が充血したり、目や鼻がかゆくなったりもする。

これがアレルギー性結膜炎やアレルギー性鼻炎だったり、

花粉症だったりする。

 

 

気管支で免疫が過剰に働くのは、気管支ぜんそく。

皮膚で免疫が過剰に働くのは、アトピー性皮膚炎。

免疫の誤作動によって、様々な症状があらわれる…。

 

 

さて、

今、ピークの花粉症。

これを鍼灸ではどのようにアプローチするのか。

花粉症のもろもろの症状を鎮めるツボは、

顔や首、腕、手、脚などにあり、そこへ鍼やお灸をする。

それらの治療と同じくらい大切なのが、

免疫システムを正常化する治療。

 

 

首の付け根にある『大椎 だいつい』は、免疫力を整えるツボ。

花粉症や気管支ぜんそくなどアレルギー症状が強くあらわれると、

大椎を中心として、イラストの点線部分が、

逆三角形のうすっぺらーいおにぎり様に、

硬く盛り上がる方が多い。

大椎は背骨の上にあり、背骨と背骨、背骨と頭蓋骨、

背骨と肩甲骨を結んでいる筋肉がガッチガチになっている。

 

 

そのあたりを鍼やお灸でほぐすと、花粉症の症状がやわらぐ。

どれくらいでほぐれるかは、おにぎりの大きさや深さ、硬さや、

全身の疲労度によって異なる。

強固で大きなおにぎりであれば、時間はかかる。

 

 

 

 

そこで、登場するのは皮内鍼(ひないしん)。

画像の1番上が1円玉。

一番下は一般的に使う鍼。

中央が皮内鍼。

長さ5mmの小さくて細い鍼。

 

 

皮膚の1mm下を、皮膚と水平に数mm刺し、

医療用のテープで固定する。

鍼の持ち手の部分はリング状になり、鍼全体が皮膚に入ることはない。

垂直には刺さないので、上から押しても痛くない。

置いているのを忘れるくらい違和感もない。

2週間ほどこのままにして、継続したほうがよければ貼り換える。

 

 

首こり・肩こり・腰痛などのメンテナンスに来るYさん。

花粉症の症状があらわれる前の2月上旬から、

大椎周辺に皮内鍼をしてみた。

花粉量がピークの今でも、

花粉症のつらい症状があらわれていない。

薬も服用していない。

気をつけているのは、マスクをするくらい…。

皮内鍼を置いている周辺の筋肉もやわらいでいる。

 

 

花粉症のあなたは、首のつけ根におにぎりをしょってる?

強い首こり、肩こりでもおにぎりは発生しやすい。

首の付け根を触ってみて!

このおにぎりを消し去る手段として、

イヤイヤ花粉症や頑固な首こり、肩こりとさよならする方法の1つとして、

皮内鍼も取り入れてほしいなぁ…と思う。

 

 

あー、今日はめちゃくちゃ長いブログになってしまった。

読んでいただき、ありがとさんです。

Yさんには皮内鍼の感想を聞いてみました。

ぜひぜひ患者様の声(花粉症などに悩んでいたYさん)もご覧ください。

 

めまいのタイプ別鍼灸治療

急に立ち上がったら、頭がクラクラクラクラ……。

お風呂から上がったら、目の前が真っ暗くら……。

こんな『立ちくらみ』は、脳の血液不足が原因。

 

 

私たちが住んでいる地球には重力がある。

立ち上がったときに、重力の影響で血液が一旦下がる。

そのときに、血液を押し上げる心臓のポンプ力が間に合わず、

一時的に脳の血液が不足し、立ちくらみが起こる。

 

 

首こり・肩こりさんや冷え症さんなど、

血の巡りが悪く脳への血流が不足がちの場合も、

立ちくらみのようなめまいを起こすことがある。

また、鉄欠乏性貧血や生理中・妊娠中の貧血状態でも

同じようなめまいを起こしやすい。

起立性低血圧とは、起き上がったり立ち上がったときに

急に血圧が下がり、立ちくらみを起こしやすい状態のこと。

低血圧さんだけでなく、

降圧剤を服用している高血圧さんも起こしやすい。

 

 

貧血や低血圧かも…と思ったら、

病院で血液検査や血圧測定をしてもらおう!

必要だったら治療も受けよう!

首こりや肩こり、冷え症が原因の場合は、

血の巡りを整えるツボに鍼やお灸をして、

脳への血流不足を解消させてめまいをとろう!

 

 

これは前から見た右耳。

鼓膜の奥に中耳、その奥に内耳がある。

内耳には、体の平衡感覚を感じとる三半規管(さんはんきかん)と、

音を感じとる蝸牛管(かぎゅうかん)がある。

工事現場などで常に大きな音にさらされると、

内耳がダメージを受け、難聴とともにめまいを起こしやすい。

理由もないのに突然難聴になる突発性難聴でも

めまいを伴うことがある。

メニエール病は、内耳のトラブルが原因。

同じようなめまいや耳鳴り、難聴などの症状があらわれる。

 

 

内耳が原因の場合、

天井がグルグル回るようなめまいが、

やがてフラフラするようなめまいに変わる。

内耳の病気かも…と思ったら、すぐ耳鼻科に行こう!

耳の病気は放っておくと治りにくい。

内耳のトラブルとわかったらすぐ治療を受けよう!

首や肩のコリが強いことが多く、

鍼とお灸の併用もおすすめ。

 

 

体の平衡感覚は小脳でもコントロールしているので、

小脳のトラブルでも同じようなめまいが生じる。

内耳の病気でない場合は、

脳神経外科を紹介してもらおう!

 

 

精神的な要因でもめまいは起こる。

ストレスで自律神経が乱れたとき…。

更年期で自律神経が乱れたとき…。

精神的に不安定でうつ状態に陥ったとき…。

この心因性のめまいは、フワフワとした感じのめまいで、

長く続きやすい。

不眠、だるさ、落ち込み、不安などの症状も伴いやすく、

心療内科で相談してみよう!

心に働きかけるツボもたくさんあり、

鍼とお灸の併用もおすすめ。

首や肩がこっていることもあり、

鍼灸で取り除くと心身ともにリラックスする。

 

 

このようにめまいの原因はたくさん。

めまいのタイプによって鍼灸治療も変わる。

めまいが気になったときには、

まず病院へ行き原因をつきとめよう!