コトー Blog & Vlog

東洋医学のこと、鍼灸治療のこと、パーソナルトレーニングのこと、日々の暮らしのこと…。カテゴリー別に書き連ねています…。ちょこっと、動画も始めました…。

【冷え症】セルフケア~体の外から冷やさないための服装

首をガード

うなじにある矢印は、『風池 ふうち』というツボ。風邪(ふうじゃ)(風の邪気)が入りやすい。冬の寒風には、タートルネックのセーターやマフラーなどで首をガードしよう。夏のエアコンの冷風には、薄手のスカーフなどで首をガード!

 

 

腹巻や使い捨てカイロで、体の中心を温める

お腹と背中が冷えると、消化機能が低下し、エネルギー不足による冷えが起こりやすい。手で触れてみて、ひんやりしている時は、腹巻や使い捨てカイロで温めよう。

 

お尻の中央には、上髎(じょうりょう)・次髎(じりょう)・中髎(ちゅうりょう)・下髎(げりょう)・小腸兪(しょうちょうゆ)・大腸兪(だいちょうゆ)などツボがたくさん!

ここに、貼るタイプの使い捨てカイロを、重ね着した下着の外、あるいはズボンの内側から貼ろう。左右のお尻の中央で、高さは、背骨とウエストの下から尾てい骨の上にあたる。カイロは、横長にして貼ってね。やけどには十分気をつけてね。

 

上述の仙骨部だけでは温まらない時は、下腹部(おへその下)にも貼ってみよう。

赤い花丸は、『神闕(しんけつ)』というツボ。おへそにある。赤い矢印は『関元 かんげん』。エネルギーを補給するツボであり、鍼灸治療でよく使う。

下腹部はエネルギーが集まる大事な所。そして、この奥には、膀胱・子宮・卵巣・腸といった臓器がぎゅっとつまっている。それらに働きかけるツボが、下腹部にはたくさんある。

貼るタイプの使い捨てカイロを、重ね着した下着の外、あるいは、ズボンの内側から貼る。ここも横長に貼ってね。やけどに注意してよぉー。

 

足元をしっかり温める

心臓から最も遠い所にある足は、血流が滞りやすく、冷えを感じやすい。そんなときは、レッグウォーマーや靴下、ブーツ、ひざ掛けなどで、しっかりガード!コトーは、真夏でも外出する時は、ハイソックスを履く。屋外では、足首まで下げておき、ギンギンに冷えた室内では、膝下まで上げる。

長時間立っている時や座っている時は、足裏から冷えをもらいがち。屋外など寒い環境では、足裏用の貼るカイロがおすすめ。靴下やストッキングの上から貼って、靴を履くと、足裏から冷気をもらいにくい。

室内のフローリングは、冬に暖房を使っていても、夏に冷房を使っていても、ひんやりしがち。フローリングの上にカーペットなどを敷いたり、靴底の厚いスリッパを履いて、足裏からの冷気をガード!

 

 

体を締めつける、きつめの下着や靴を避ける

ガードルなど補正下着は体を締めつけ、血流が滞り、体を冷やしがち。

ハイヒールも、つま先の血流が滞る。仕事でハイヒールを履くならば、通勤時はロウヒールのゆったりした靴を履く。逆に、通勤時などにハイヒールを履きたいならば、職場にゆったり靴を置き、履き替える。そんな工夫をして、『一日中、体を締めつける』ことを避けたい!

 

 

上手な重ね着をしよう

冷暖房を使う時期は、屋外と室内の温度差が激しい。コートやカーディガン、ストールなど、簡単に脱ぎ着ができるものを身に着けていると、周囲の温度に対応しやすい。

また、夏に、汗をかいたまま冷房の効いた室内にいると、冷えてしまう。すぐ汗をぬぐい、ぬれた下着を替えたい。それが難しい時は、肌と下着の間に、キッチンペーパーやティッシュペーパーを入れてみて!下着についた汗をキッチンペーパーが吸い取る。そして、キッチンペーパーについた汗は、体熱で乾く。コトーは外出用のポーチに折りたたんだキッチンペーパーを入れてるよ。

 

 

気温変動が激しくなり、ネットで天気予報をチェックするのが日課となった。地元の、1時間毎の気温や湿度などが分かり、今日(特に外出時)の服装を決めやすくなった。便利だねぇ~。

次回は、冷え症のセルフケア第3弾、『体の中から温める運動』について紹介するよ。

 

今日は節分。友人から豆菓子をいただきました。

鬼は外!福は内!

福岡県福岡市にある女性専門鍼灸&パーソナルトレーニング≪レディース鍼灸ことうプラス≫の女性鍼灸師・理学療法士のコトーでした。

【冷え症】セルフケア~体の中から冷やさないための食生活

体を冷やす食材を摂りすぎない。調理方法を工夫する。

中国伝統医学(=中医学)では、食材の特性を『熱 ねつ』『温 おん』『平 へい』『涼 りょう』『寒 かん』の5つに分類している。

 

『熱 ねつ』は、体を温める作用が最も強い。

とうがらし、こしょう、シナモン、羊肉、焼酎、など。

冷えの改善に摂り入れたい食材。とはいえ、摂りすぎは禁物。特に、のぼせやすい方は注意してね。

 

『温 おん』は、『熱』ほどではないが、体を温める作用がある。

生姜、ねぎ、にら、しそ、みょうが、わさび、からし、にんにく、かぼちゃ、玉ねぎ、大根(加熱)、にんじん、エリンギ、ししとうがらし、もち米、米麹、納豆、あじ、あなご、あゆ、えび、いわし、かつお、さわら、たい、まぐろ、ぶり、鮭、鶏肉、鹿肉、あんず、きんかん、桃、くるみ、酢、酒かす、甘酒、日本酒、ワイン、紅茶、黒砂糖、など。

年間を通して手に入りやすい食材もあり、年中、冷えぎみの方は、意識して摂りたい。とはいえ、冷蔵庫で冷やした食べ物や飲み物は、体の中から『冷え』を作ってしまう。暑い時期は傷みやすく難しいかもしれないが、冷蔵庫から出したものは、しばらく置いて、常温にしてからいただいてほしい。

 

『平 へい』は、体を温める作用も冷やす作用もない。

おくら、かぶ、きゃべつ、さつまいも、里芋、じゃがいも、山芋、白菜、しいたけ、春菊、そら豆、豆苗、とうもろこし、ピーマン、水菜、さんま、いか、牡蠣(カキ)、さば、さより、たちうお、牛肉、鶏卵、牛乳、干し柿、ぶどう、りんご、アーモンド、白米、玄米、黒豆、大豆、白砂糖、はちみつ、メープルシロップ、みそ、コーヒー、など。

冷え性でも、暑がりでも、どんな時季でも、影響を受けない。

 

『涼 りょう』は、『寒 かん』ほどではないが、体を冷やす作用がある。

小松菜、セロリ、大根(生)、なす、ほうれん草、もやし、レタス、ごぼう、いちご、みかん、豆腐、チーズ、ヨーグルト、など。

これらの食材は、ほてりやのぼせを改善するが、冷え症の方は摂りすぎないでね。『蒸す』『煮る』『焼く』『スープにする』『鍋物にする』など、食材を温める調理方法がおすすめ。体を温める作用のある、とうがらし・こしょう・生姜・ねぎ・にんにく・からし・わさびなどで味付けするのもいいねぇ~。

 

『寒 かん』は、体を冷やす作用が最も強い。

きゅうり、ズッキーニ、トマト、ゴーヤ、たこ、豚肉、昆布、わかめ、のり、ひじき、すいか、キウイフルーツ、バナナ、柿、そば、ビール、など。

真夏のほてりを改善するが、冷え症の方は摂りすぎないでね。

これらの食材は夏野菜に多い。生野菜のサラダや刺身などの『生もの』は、体の中から冷やすので、要注意。果物や甘いものの食べ過ぎや飲みすぎも体を冷やすよぉー。

 

朝食抜きが冷えを呼ぶ!

食事を摂ると、体内に熱が生まれ、エネルギーや血液の循環が高まる。体の中から温め、朝から快調に行動できるよう、朝食を摂る習慣をつけよう!

 

無理なダイエットも冷えを呼ぶ!

少量、あるいは、偏った食材によるダイエットを続けると、栄養失調とエネルギー不足に陥り、冷えをまねく。

 

食生活の取り組み方

それぞれの食材には、ビタミン・ミネラル・タンパク質・糖質などの栄養が含まれている。それを踏まえると、『熱』や『温』『平』の食材に限らず、『涼』や『寒』であっても、旬の食材も調理方法を工夫して食べたい!

また、猛暑がつづけば、ビールやアイスクリームが美味しいし、極寒であっても熱々の鍋物にキンキン冷えたビールは美味しいよねぇ…。「体の中から冷やしちゃったなぁ…」と思ったら、体を温める食材や調理方法の『食べ物』や『飲み物』を摂ったり、運動をして、冷えをそのままにしておかない!ことも大事だと思う。

次回は、『冷やさない』、そして、『温める』服装の工夫を紹介するよ。福岡市南区にある、女性専門鍼灸&パーソナルトレーニング≪レディース鍼灸ことうプラス≫の女性鍼灸師・理学療法士のコトーでした。

このイラストに意味はない。今日は文中に画像もイラストもなかったので、描いてみた。ブヒャヒャ~。

【突発性難聴】鍼灸治療と予防鍼灸

突発性難聴の治療ポイント⓪ すぐ耳鼻科に行こう!

突然、耳が聞こえにくくなったら、「しばらく様子をみよう…」とせずに、すぐ耳鼻科を受診しよう。そして、突発性難聴と診断されたら、すぐ治療を受けよう!治療の開始が遅くなると、聴力の回復が難しくなるから。

 

突発性難聴の治療ポイント① 鍼灸治療も早くスタートしよう!

耳鼻科の治療と並行して、鍼灸治療も早くから開始しないと、改善が難しい。

 

突発性難聴の治療② 耳周りのツボに鍼を置く 

 

ツボ・モデル君の横顔。耳の周辺には、たくさんのツボがある。詳しく見てみよう。

 

<足少陽胆経 全身> 

赤いラインは、『足少陽胆経 あし・しょうよう・たんけい』という経絡。耳周りを見てみよう。

 

<足少陽胆経 横顔>

この経絡は、側頭部を行ったり来たり!頭、特に耳周りにツボが多い。

 

<手少陽三焦経 全身>

『手少陽三焦経 て・しょうよう・さんしょうけい』という経絡。耳周りは…。

 

<手少陽三焦経 横顔>

耳の際を囲むように、たくさんのツボがある。

 

<手太陽小腸経 全身>

『手太陽小腸経 て・たいよう・しょうちょうけい』という経絡。耳の前にツボがある。

耳周りのツボの中からいくつか選び、短くて細い鍼をちょこんと置き、耳の血流改善をはかる。

 

突発性難聴の治療ポイント③ 首・肩・あごのコリをほぐす

突発性難聴で治療に来られる方の多くは、首こり・肩こりが著しい。硬くなった首や肩の筋肉を鍼やお灸でほぐし、脳への血流改善をはかることも大切。それが、耳の血流改善につながる。

 

こちらは、食べ物を噛む時に働く筋肉たち。緑矢印は、耳の穴。筋肉たちは、耳周りにたくさんある。

歯のくいしばりや歯ぎしりが強い方は、これらの筋肉が硬くなりがち。その場合は、これらの中の、耳周りの筋肉たちのコリも鍼でほぐし、耳の血流改善につなげる。

 

突発性難聴の治療ポイント④ 耳の不調にかかわる症状も治療する

『強いストレスをかかえている』『疲労が蓄積している』など、耳の不調にかかわる症状に対しての鍼灸治療もかかせない。問診と触診で、体と心の声に耳を傾け、体調を整える鍼灸を行う。

 

突発性難聴の予防ポイント⓪ 再発する場合は、生活習慣を見直そう!

栄養不足、睡眠不足、慢性疲労、慢性運動不足、強いストレスなど、体と心に重く負担になっていることを、少しずつでも、改善できることから、変えてみよう。

 

突発性難聴の予防ポイント① 首・肩・あご・背中のコリがひどくなる前に鍼灸治療を!

「首や肩・体幹のストレッチをする」ことが習慣になると、「うっ、やばい!ガチガチに硬くなってきたぞ!」と気づきやすい。その時点で、鍼灸を受け、脳や耳への血流を改善してほしい。家事や仕事、育児、介護などで、ストレスや疲労が蓄積されやすい時は、何とか都合をつけて、定期的に鍼灸を受けてほしいなぁ…。

 

2023年もあと4日。なかなか更新しない記事と動画を、根気強く見ていただき、有難うございます。これからも、東洋医学や鍼灸のことを、分かりやすく楽しくお伝えしますよー!2024年もよろしくお願いいたします。

福岡県福岡市にある、女性専門鍼灸&パーソナルトレーニング≪レディース鍼灸ことうプラス≫の、女性鍼灸師・理学療法士のコトーでした。

【秋口の肌荒れ・かぜ・アレルギー(花粉症・鼻炎など)】セルフケアと予防対策~後編

ツボ・マッサージ① 咳・喘息に『中府 ちゅうふ』のマッサージ  

 

イラスト(2021年作)の赤いラインは、『手太陰肺経 て・たいん・はいけい』という経絡。その上に、ツボ『中府 ちゅうふ』がある。手太陰肺経は、体内で肺につながり、この上にあるツボたちは、呼吸器の症状に働きかける。『中府』は、鎖骨の下にあり、セルフお灸はしにくいので、ツボ・マッサージがおすすめ。

 

イラスト(2011年作)のように、親指で内側方向に押し回し。痛気持ちいいなぁ~という強さでね。

 

胸にある筋肉『大胸筋 だいきょうきん』(2021年作のイラスト)。

普段の呼吸では、この筋肉は使われない。度重なる咳や喘息で、呼吸がしづらくなると、呼吸補助筋となり、活躍する。長期間、呼吸補助筋として働くと、筋肉疲労も出てくる。

『中府』(青丸)は、この筋肉の上にあり、筋肉疲労をほぐすためのマッサージとしても、おすすめ。

『中府』の位置は、【動画で見る!ツボの取り方】風邪や喘息など呼吸器の症状や首こり・肩こりに働きかけるツボ『中府』 で確認してねぇ~。  

 

 

ツボ・マッサージ② 鼻水・鼻づまりに、『迎香 げいこう ⇔ 睛明 せいめい』のマッサージ  

 

ツボ『迎香』は、小鼻の横にある。ツボ『睛明』は、目頭の内側にある。

イラスト(2016年作)のように、鼻の両側に沿って、『迎香』から『睛明』までマッサージ。人差し指の先端で、やさしく押してね。爪が長い方は、丸みを帯びたペン先で押してみて!

『迎香』の位置は、【動画で見る!ツボの取り方】鼻詰まりや鼻炎に働きかけるツボ『迎香』 で確認してね。『睛明』のツボ取り動画は撮ってない。ごめんねぇ~。   

 

 

ツボ・シャワー  鼻のトラブルやアレルギーに、『大椎 だいつい』へのシャワー  

ツボ『大椎』は、うなじ(首の骨)の付け根にある。鼻のトラブルやアレルギー症状が強い時、イラスト(2016年作)のように、『大椎』の周りが、逆三角形のおにぎり状に盛り上がってみえる。

ここにセルフお灸はしにくいので、入浴中のシャワーがおすすめ。少し熱めのお湯で、このあたり(=下を向いた時に骨がポコッと出ている所)にシャワーをかける。ポワッと温まり、気持ちがいいよぉ~。  

 

 

セルフお灸   肌荒れ・アレルギーの改善に、『曲池 きょくち』へのお灸  

イラスト(2022年作)の赤いラインは、『陽明大腸経 ようめい・だいちょう・けいらく』という経絡。

『曲池』は、この経絡の上にあり、皮膚のトラブルやアレルギー症状がある時、よく用いる。

『曲池』は肘にあり、ツボの位置は見つけやすく、セルフお灸もおすすめ。【動画で見る!ツボの取り方】肘・腕の痛み、高血圧、皮膚病に働きかけるツボ『曲池 きょくち』 を見ながら、お灸をしてみてねぇ~。  

 

 

おまけのコーナー

2011年作。初代ツボ・モデル・シスターズの中の1人、『陽明大腸経』。左腕が蛇っぽくなった…。

 

2012年作。ツボ・モデル・ブラザーズの中の1人、『陽明大腸経』。懐かしいなぁ…。以前、行っていた『対面のお灸教室』のページには、ツボ・モデル・ブラザーズが登場していた。

自分自身が登場したのは…  

 

2019年の夏から。小学生の頃、交換日記にも絵を描いていた。さらさらさらっと描けないけれど、描きたくなっちゃうんだなぁ~。

11月に入っても、福岡は日差しが強く、日傘とサングラスを愛用している。今年は、なかなか初秋に入りきらない。体調を崩さないでねぇ~。

福岡県福岡市にある、女性専門鍼灸&パーソナルトレーニング≪レディース鍼灸ことうプラス≫の女性鍼灸師・理学療法士のコトーでした。

【秋口の肌荒れ・かぜ・アレルギー(花粉症・鼻炎など)】セルフケアと予防対策~前編

秋には肺をいたわり、気(=エネルギー)を補充する  

五臓六腑の肺は、潤いを好み、乾燥を嫌う。秋口に入り、空気が乾燥しだすと、肺はダメージを受けやすい。

秋口の肌荒れやかぜ、アレルギー(花粉症・鼻炎など)は、肺の機能低下による。乾燥から肺を守ることが、秋口の諸症状を改善することにつながる。

また、秋は気が不足しやすい季節。気を補うことが、肺を元気にすることにもつながる。

詳しくは、過去の記事 【秋口の肌荒れ。かぜ・アレルギー(花粉症・鼻炎など)】東洋医学のアプローチ を読んでねぇ。 

 

 

乾燥対策1 室内の加湿 

日中、長時間いる部屋や寝室に、湿度付き温度計を置こう。快適な湿度は、50~60%。それ以下だったら、加湿器を使い、乾燥から肺を守ろう。湿度が低すぎて、ニコチャンの口がへの字になってる。  

 

 

乾燥対策2 保湿クリームやリップクリームで、皮膚をガード!  

日中はもちろん、入浴直後にもクリームで保湿。コトーは、クリームをたっぷり皮膚に塗りこんで、木綿の手袋と靴下を履いて就寝。クリームが服や寝具に付いちゃうからねぇ。洗濯する時、手袋たちを裏返しにするのが面倒だけど…。

 

 

気温差対策 重ね着とショールやスカーフで調整しよう  

日中、気温が上がっても、日陰や室内はひんやり…。朝晩は更にひんやり…。秋は何を着ていいか困る。

コトーは、日中、厚手のTシャツや薄手の長袖Tシャツで対応。朝晩や、冷房が入っているスーパーなどでは、薄手のカーディガンやパーカーをはおる。

首にスカーフを巻くだけでも体が温かくなる。外出時、バックに薄手のショールやスカーフを入れておくのもおすすめ。

尚、これからやってくる冬に向けて、厚着は禁物。理由は、下記の『気の補充3 動く』で説明するよ~。  

 

 

気(=エネルギー)の補充1 食事を整える 

気は、食事と呼吸(=酸素)で作られる。だからこそ、何を食べ、何を控えるかは、どの季節においても重要。

極暑でエネルギーを使いすぎ、秋口には気が不足。あまりの暑さに、コトーは、封印していたアイスを食べ、冷えた炭酸水もごくごく飲んだ。冷たいものは体に負担をかける。

気温は高いが、湿度が低く、過ごしやすい秋口からは、冷たい物を控え、少しずつ温かいものにシフト!根菜類(大根・人参・ごぼう・里芋など)は体を温める作用があり、積極的にとっていきたい食材。

夏に冷たいものをとりすぎ、胃腸が弱っている方は、根菜類をぐつぐつ煮込んだスープなど、消化のいいものをとり、まず、胃腸を元気にしよう!

ネギ・ショウガ・とうがらし・ニンニク・大根・玉ねぎなど辛味のある食材は、体を温め、気の流れをよくする。辛味は、肺と相性がいい。しかし、辛いものをとりすぎると、肺は活発になりすぎ、五臓六腑の『肝』がダメージを受ける。『肝』は、酸味と相性がいい。秋は、少辛多酸。辛味のあるものをちょっぴり。梅干しや酢の物など酸味のあるものを、それよりもちょっと多めにとる。  

 

 

気の補充2 早寝早起きと十分な睡眠  

気にはたくさんの種類がある。その中の一つ、衛気(えき)が、細菌やウィルスなどの外邪から体を守る。就寝中に、衛気は蓄えられる。そのため、十分な睡眠は必須。

東洋医学では、秋こそ夜更かしをせず、早寝早起き!と、説いている。夜更かしが気持ちいい季節だけどねぇ…。

不摂生をすると、その次の季節に体調を崩す。セルフケアは、今の季節だけでなく、次の季節の体調にもかかってくる。ないがしろにはできないなぁ…。   

 

 

気の補充3 動く!  

保温というと、洋服やホッカイロ、暖房器具など、外から温めることを連想しがち。それ以前に大切なのは、体内で熱を作り、その熱を体外に出さないこと。

筋肉は、動くと熱を発生する。それを保温することを、まずやってみよう。体を動かし、筋肉を使えば、しっかりと体熱があるから、肌寒い季節でも、薄着で大丈夫。

コトーは、寒い時期に大掃除は嫌なので、秋に大掃除をしている。網戸を洗って、窓を拭き、体熱を作ってる。

体を動かすと、気が巡りやすく、衛気の働きもよくなるよー。 

次回は、秋口の諸症状へのツボ・マッサージやセルフお灸などを紹介するよぉ~。

福岡県福岡市にある、女性専門鍼灸&パーソナルトレーニング≪レディース鍼灸ことうプラス≫の女性鍼灸師・理学療法士のコトーでした。