コトー・ブログ

東洋医学のこと、鍼灸治療のこと、パーソナルトレーニングのこと、日々の暮らしのこと…。カテゴリー別に書き連ねています…。

特集:筋肉のコリと痛みの話①~筋肉の働き

筋肉の働き・その1・関節を動かす!

下手なイラストですみませ~ん。右側から、お尻と太ももを中心に見た図。膝を伸ばす筋肉(赤色)は4つあり、太ももの前側についている。骨盤と太ももの骨から始まり、膝蓋骨(しつがいこつ)をくるんで、すねの骨につく。これらの筋肉が縮まると、膝蓋骨とすねの骨が上方に引っ張られ、膝が伸びる。膝を曲げる筋肉(青色)は3つあり、太ももの後ろ側についている。骨盤から始まり、すねの骨につく。これらが縮まるとすねの骨が上方に引っ張られ、膝が曲がる。

膝に限らず、どの関節もゆっくり動かしたり、速く動かしたり、途中で止められる。どうしてそんなことができると思う?実は曲げる筋肉と伸ばす筋肉が協調して動くから。膝を伸ばす筋肉が、動かしたいスピードで縮まるとき、膝を曲げる筋肉は、それに合わせて力を抜き、ゆるませる。膝を伸ばすのを止めたいときは、膝を曲げる筋肉も力が入り、伸ばす筋肉も曲げる筋肉も縮まる。

関節をいろーんなスピードで動かし、止めて、また動かすには、いろーんな筋肉の協調が必要なんだなぁ~。腰を何度も痛めるのは腹筋が弱いからだ!腹筋を鍛えよう!と意気込んでも、腰の筋肉や腹筋の柔軟性や協調性を無視して、腹筋だけ鍛えるだけでは、慢性の腰痛からはなかなか抜け出せない。

 

筋肉の働き・その2・姿勢を保つ!

 

背骨は、7個の頸骨、12個の胸骨、5個の腰椎、合わせて24個の骨で構成されている。

 

これは腰の骨(灰色)、2個の連結。横から見た図。右がおなか側。左が背中側。紫、黄緑、黄色、濃いピンク、水色で塗られた部分が靭帯(じんたい)。1つ1つの背骨を結び付けている。薄いピンクの部分は椎間円板(ついかんえんばん)。骨と骨がぶつからないようにクッションの役目を担っている。これらの靭帯の周りにはたくさんの筋肉が背骨につき、そのおかげで背中を丸めたり、反らしたり、捻ったり、横に傾けたり…と、いろんな方向に動かせる。

地球には重力があり、立位、椅子座位、床座位、四つ這い、膝立ちなど、寝た姿勢以外では、重力に逆らって姿勢を保つため、筋肉の力が必要となる。背中の筋肉や腹筋の筋力が落ちると、重力に逆らいきれずに、猫背になっちゃう…。

 

筋肉の働き・その3・年中無休でも働く!

いきなり問題!これはどこの筋肉だと思う???????なーんと、心臓の筋肉。心臓の中で蓄えられた新鮮な血液は、この筋肉が縮まることにより、動脈に押し出され、全身を巡る。関節を動かしたり、姿勢を保つときに使われる筋肉とは質が異なり、休まずに働いても疲れないんだよー。ご苦労さーん!!!

 

筋肉の働き・その4・サポーターもする!

胸を前から見た図。1つ1つの肋骨の間には肋間筋(ろっかんきん)という筋肉がある。肋骨と肋間筋を取り除くと、右側のように、肺と横隔膜(おうかくまく)がある。

 

 

腹式呼吸で息を吸うときは、横隔膜が縮まり、胸腔(水色)が引き下げられ、肺が広がり、肺に空気が入る。

 

 

胸式呼吸で息を吸うときは、外肋間筋が働き、斜め下ぎみの肋骨たちが少し上に持ち上げられ、胸腔は横に広がり、肺も広がり、肺に空気が入る。息を吐くときは、横隔膜と外肋間筋が力を抜き、ゆるむと、肺がすぼんで空気は吐き出される。普段、私たちは無意識に呼吸をしているが、筋性の膜である横隔膜と、外肋間筋の活躍のおかげなんだなぁ…。

ダッシュで走りこんだ後、肩を上下させて、乱れた呼吸を整えるよね?肩を持ち上げる筋肉や背中の筋肉などが横隔膜たちをサポートして胸腔をより広げ、肺にたくさんの空気を送るんだなぁ…。サポーターたちを呼吸補助筋といい、普段は他の仕事をしている筋肉が必要に応じて助っ人になる。

わぁお!またまた、長いブログになっちゃった。次回は筋肉のコリと痛みのメカニズムを書くよーん。しばらく、難しい話が続くけれど、お付き合いください!!!

 

庭は雑草がボーボー。草むしりに追われている。福岡市南区にある、女性専門鍼灸とパーソナルトレーニングの≪レディース鍼灸ことうプラス≫の女性鍼灸師・理学療法士のコトーでした。

あごのコリを鍼治療とツボ押しとあご体操で解消しよう!

これは下あごの骨。

 

たくさんの筋肉と靭帯(じんたい)によって、下あごの骨(水色)は頭蓋骨にぶら下がっている。

赤丸のところがあごの関節。

口を開閉するたびにこの関節が動く。

 

 

食べ物をかんだり、すりつぶすときに、こーんなにたくさんの筋肉が働いている。

 

思い起こせば1年前。

コトーは左下の奥歯を抜いた。

虫歯ではない。

歯がグラグラしていたわけでもない。

睡眠中のかみしめと歯ぎしりが原因だった。

奥歯に3本のヒビが入り、割れる寸前。

治療手段はなかった。

 

入眠中の過剰な筋肉トレーニング!

あごの筋肉は常に硬い!

マスクを長時間つけていると、圧迫されるせいか、あごの動きが制限されるせいか、あごの筋肉がこり、痛みが出てくる。

 

そんなときは小さく細い鍼で、硬くなった筋肉をちょこちょこっとほぐす。

下あごの骨は頭蓋骨にぶら下がっているだけなので、縮こまった筋肉がゆるむと、下あごはちょびっと下がる。

顔の筋肉もつられてゆるむ(気がする)。

 

かみしめや歯ぎしり、顎関節症でお悩みの方は、ぜひ鍼治療を体験してほしいなぁ~。

鍼は怖い~~~!という方はツボ押しがおすすめ。

 

下関(げかん)というツボは、頬骨(ほおぼね)の下の中央あたり。

ツボの探し方のコツは、口を開けた状態で押すと骨にぶつかり、口を閉じると骨にはぶつからず、くぼみになるよ~ん。

左右のツボ下関に人差し指を当て、痛気持ちいい程度の力でクルクル押し回し。

3~5秒ほど押し、ひと呼吸ほど休み、また3~5秒ほど押す。

数回繰り返す。

 

頬車(きょうしゃ)というツボは、下あごのエラ(角ばったところ)から、少し上のくぼみ。

押し方は、下関と同じ。

 

翳風(えいふう)というツボは耳の付け根の少し後ろのくぼみ。

押し方は、下関と同じ。

 

ガチガチに硬いときに強く押すと、よけい痛くなっちゃうから気を付けてね。

気持ちい~い程度の強さで、やさしくクルクルクルクル押し回し!

 

(コロナのことを考慮して)誰もいないところで、発声しながらのあご体操もおすすめ。

痛くない範囲で大きく口を開けて、10回「あー!」と発声。

次に、口角を思いきり外側に引いて、10回「いー!」と発声。

次に、口を思いきりとんがらせて、10回「うー!」と発声。

次に、ちょっとだけ口角を引いて、10回「えー!」と発声。

次に、ちょっとだけ口をすぼめて、のどぼとけを下げて、低い声で10回「おー!」と発声。

下あごを支えたり動かす筋肉がいろーんなふうに動いたはず!

口の開閉に痛みがある方は無理しないでね。

暑いっすねぇ~。

日中出かけるときは、サングラスに長手袋に日傘に水筒にタオルにマスクにペーパータオルが必需品。

汗で下着までぬれたとき、冷房が効いた部屋に入ると体がひんやりしちゃう。

そんなときは下着と肌の間にぺーバータオルを置く。

ペーパータオルが下着の汗を吸い取り、湿ったペーパータオルは体熱で乾き、体がひんやりしないよ。

ペーパータオルがないときは、ポケットティッシュでもOK!

試してみてね!

 

福岡市南区にある、女性専門の鍼灸とパーソナルトレーニング、レディース鍼灸ことうプラスの、女性鍼灸師・理学療法士コトーでした。

またね~。

眼精疲労・疲れ目のメンテナンス法~ストレッチング編

右眼を外側から見た図。

顔を動かさなくても眼球だけをあらゆる方向に動かせるのは、

眼球に直に6つの筋肉がつき、

働くからなんだなぁ~。

イラストにある5つの筋肉と

もう1つ、[内側直筋]という筋肉が鼻側についている。

 

ずーっとスマホやパソコンを見続けると、

視線が大きく動かないから、

これらの筋肉も大きく動けないので疲れちゃう。

そんなときはこれらの筋肉のストレッチングをしよう!!!

 

まず、正面を向こう!

顔や体は動かさずに、両目だけで、できる限りの真上を10秒ほど見る。

⇒同じく顔と体は動かさずに、両目で、できる限りの真下を10秒ほど見る。

⇒できる限りの右側を10秒ほど見る。

⇒できる限りの左側を10秒ほど見る。

⇒できる限りの斜め右上を10秒ほど見る。

⇒できる限りの斜め左下を10秒ほど見る。

⇒できる限りの斜め左上を10秒ほど見る。

⇒できる限りの斜め右下を10秒ほど見る。

 

このストレッチングのポイントは、

顔を動かさずに目だけで、できる限りの端っこを見ること。

眼球につく筋肉が伸ばされているなぁ…と何となく感じるはず。

 

もう1つ、ストレッチング法を紹介するよん!

 

まず、正面を向こう!

顔と体は動かさずに、両目で、できる限り真上を見よう!

⇒視線で大きく円を描くように、上から右に視線を動かそう。

⇒ゆっくり滑らかに、視線を右から下へ動かそう。 大きく円を描くように!

⇒視線を下から左へ動かそう。 大きく円を描くように! ゆっくり! 滑らかに!

⇒視線を左から上へ動かそう。

 

反対回しも大きく円を描くように、ゆっくり、滑らかにやってみよう!

 

このストレッチングのポイントはできるだけ外側を見て、大きく回すこと。

眼球についている筋肉がストレッチングされているなぁ…と何となく感じるはず。

もう1つのポイントはゆっくり滑らかに視線の輪を作ること。

速く動かすと筋肉が雑にストレッチされる。

ゆーっくりと視線をずらそう。

「滑らかに回せないなぁ…」と感じる方は、

これらの筋肉の協調性が落ちているかも。

毎日、こつこつとこのストレッチをすると、

滑らか~に眼球を動かせるのようになるよ~ん!

 

前回のブログで紹介したように、遠近のピントを合わせるのは、水晶体。

その水晶体を動かすのは毛様体筋[もうようたいきん]。

近くばかり見ていると、コイツも疲れやすいから、ストレッチしてほしい!

 

室内にいる方は外の景色が見える窓に近寄ってほしい。

遠くの景色の中で、看板や1本だけある木など、

焦点を合わせやすい箇所を見つけ、そちらに顔と体の向きを合わせよう。

遠くのその箇所と目を結んだ線上に、

人差し指の先端を置こう。

顔から20㎝くらい離れた所かな~。

ピントが合わせやすい所に置いてね。

 

まず、人差し指の爪をじーーーーーっと10秒間ほど見る。

⇒素早く、遠くの焦点を合わせる箇所に視線を移動し、じーーーーっと10秒間ほど見る。

⇒素早く、人差し指の爪に視線を移動し、じーーーーーっと10秒間ほど見る。

10回ほど繰り返す。

 

このストレッチングのポイントは、

じーっと食い入るように見つめた後、

素早く、遠く、あるいは近くに視線を切り替えること。

 

コトーは両目だけでなく、片目を閉じて、片方の目だけでも、このストレッチングをしている。

 

長時間、近くを見続け、ピントが合いにくい時は、遠くをぼーっと見たり、

目を閉じて休ませるほうがいいかも…。

 

水で濡らして絞ったタオルを電子レンジで1~2分間温めると

蒸しタオルができる。

両目を閉じて、まぶたの上に蒸しタオルを置くと、

目の周りの血行が良くなり、気持ちいいよ~ん。

目が充血している時は逆に冷やしたほうがいいかも…。

 

鍼やお灸で首と肩の筋肉のこわばりをほぐすと、

「目がすっきりしたぁー」

「視界がいいー」という方が多い。

慢性的な首コリや肩コリがある方は、それらを解消することも大切なんだなぁ…。

 

室内にいる時間が多いと、遠くにピントを合わせる機会が少ない。

意識的に、窓の外を見よう!

えっ?

窓のすぐ向こうは、隣のマンションの窓?!?

う~ん、う~ん、う~ん…。

 

福岡市南区にある、女性専門鍼灸とパーソナルトレーニング、

≪レディース鍼灸ことう+≫の

女性鍼灸師・理学療法士のコトーが長々と書き連ねました。

 

長い梅雨が明けて、じりじりと暑くなってきましたね。

皆様、しっかり睡眠をとり、しっかり食べて、適度に運動し、

夏を乗り切りましょう!!!

眼精疲労・疲れ目のメンテナンス法~ツボ押し編

眼球の正面断面図。

眼球の正面・中央には、水晶体というレンズがある。

水晶体の厚みが薄くなると遠い所に視点が合い、

厚くなると近い所に視点が合う。

この水晶体の厚みをコントロールするのが毛様体筋[もうようたい・きん]という筋肉。

水晶体の周りをリング状に毛様体がついている。

この毛様体の一番外側にあるのが毛様体筋なんだなぁ~。

 

近くに視点を合わせ続けるためには、水晶体の厚みが必要。

毛様体筋がずーーーーっと収縮し、

水晶体の厚みをキープする。

心筋は24時間営業の疲れ知らずの筋肉だけど、

毛様体筋は違う!

長時間労働で筋疲労が生じ、

視点[ピント]を合わせるまでに時間がかかるようになる。

 

スマホやパソコンを長時間見続け、

目がぼやける、充血する、痛みが生じる…などの症状が現れるのは、

毛様体筋の筋疲労がきっかけなんだなぁ~。

 

もちろん、コンタクトや眼鏡の度数が合わなかったり、

白内障、緑内障、斜視、斜位、眼瞼下垂など目の病気が原因のこともある。

老眼が気になる始める40代後半からは、

眼科で視力、眼圧、眼底、視野、眼球運動の検査を定期的に受けよう!!

 

目を使う作業を続けるとすぐ目が疲れて、

視力の低下、目の痛み、頭痛、吐き気などの症状が出ちゃう…。

休息してもなかなか回復しない…。

回復しても作業を再開するとすぐ目が疲れちゃう…。

20代や30代でもそんな症状がある方は眼科で検査を受けてみよう!!!

 

目の周りにはツボがたくさんある。

ツボ押しで目の疲れを和らげよう!

1.攅竹[さんちく]。眉毛の内側にある。

2.魚腰[ぎょよう]。眉毛の中央にある。

3.絲竹空[しちくくう]。眉毛の外側にある。

4.陽白[ようはく]。魚腰の上1寸。1寸は手の親指の横幅程度の長さ。

5.睛明[せいめい]。目頭と鼻の付け根の間。

6.四白[しはく]。黒目の下にある骨の縁にあるくぼみ。

7.瞳子髎[どうしりょう]。目尻の外側の骨。

8.太陽。こめかみあたり。

すべて頭蓋骨の上にある。

 

目を閉じて、ゆーったりした気分でツボ押しをしよう!

親指や人差し指の先端で、くるくると押し回し。

1か所につき10秒程度。

痛気持ちいい程度の強さ。

激しい痛みを感じるときは、そのツボは避けよう。

 

鍼治療では、1の攅竹に細くて小さい鍼をちょこんと刺して、しばらく置くと、

目がすっきりするよ!!!

 

 

うっ、どアップでちょっと恥ずかしい…。

[サングラスをかける]イコール[かっこいい大人]とコトーは思っていた。

ド近眼のコトーは眼鏡なしでは生活できない。

中学生の頃、コンタクトにチャレンジしたが、

まぶたの内側がこすれて炎症を起こし、あきらめた…。

 

一生、サングラスは掛けられない…と思い込んでいた。

「あっ! 度付きのカラーレンズをサングラスにはめ込めばいいんだ!」

数年前に気づいた。

外出するときに普段使用の眼鏡も持ち歩かなければならないが、

あこがれのサングラスを掛けられることがうれしくてルンルンだったなぁ~。

 

福岡市南区にある女性専門鍼灸&パーソナルトレーニング、

《レディース鍼灸ことう+≫の女性鍼灸師・理学療法士のコトーでした。

次回は[眼精疲労・疲れ目のメンテナンス法~ストレッチング編]だよ~。

お楽しみに!!!

特集:レディース鍼灸ことう+:コトーの鍼治療スタイル④~灸頭鍼

灸頭鍼[きゅうとうしん]は名前のごとく、

鍼の先端にモグサを差し込んで、

鍼をしながらお灸もする。

 

 

 

 

ツボや硬くこわばった筋肉に鍼を置き、

切り目の入った台紙を鍼に差し込む。

市販の灸頭鍼用モグサは和紙に包まれ、

和紙にちょこっと穴が開いている。

鍼の先端にその穴を差し込み、

モグサに火をつける。

 

 

 

 

熱くはない。

モグサが皮膚に近いと熱く感じるので、

そんなときは台紙の枚数を増やす。

 

 

鍼の刺激とお灸の輻射熱が同時にツボや筋肉に伝わる。

体の芯まで温まり、保温効果は高い。

当院では冷えが強い方に灸頭鍼を行う。

灸頭鍼を受けると温泉に入っている感覚になる!

そんな感想もよく聞く。

 

 

灸頭鍼は血流を促し、

硬くなった筋肉をほぐす力も強い。

首、肩、背中、お尻、脚、腕などの筋肉由来の痛みに灸頭鍼を用いる。

筋肉の緩みやすいポイントに灸頭鍼をする。

灸頭鍼を終えた後、

力が抜けて腕が重い~~~!

首が動かしやすくなった~~~!

眼もすっきりした~~~!

腰が痛くないから背筋をしゃきっと伸ばせる~~~!

そんなふうに変化を実感しやすい。

 

 

5月は気温の変動が激しい。

夏日になったかと思えば、風がひんやりと冷たい日もある。

こーんなときは腰痛持ちさんは、要注意!!!

ぎっくり腰になりやすい。

 

 

テレワークで一日中座りっぱなし。

スポーツジムなどが休みで、体がなまってる! 硬くなってる!

そんな方も要注意!!!

背筋が硬くなり、背筋の筋力が落ちているかも。

 

 

人ごみを避けての散歩やラジオ体操、ストレッチングなどで、

まず体をほぐそう!

自分の力でほぐれそうもなかったら、鍼灸院にどうぞ…。

あまりにも背筋がガチガチな方には、

灸頭鍼の後に置き鍼の、

 

 

 

 

円皮鍼[えんぴしん]や、

 

 

 

 

皮内鍼[ひないしん]がおすすめ。

 

 

どちらも2週間ほどそのままにして、

緊張してくる筋肉をほぐし、

痛みが出にくい状態にする。

痛みが出ないようにかばって、変な姿勢になることもない。

自分でも動かしながら、

より筋肉をほぐし、症状を改善する。

 

 

痛みがなくなったー!と思って

自分で円皮鍼や皮内鍼をはずしたら、

痛みがぶり返すことがある。

はずすのが早かったんだなぁ。

はずすタイミングはコトーにおまかせ!

 

 

円皮鍼がどんなものかはブログ

特集:レディース鍼灸ことう+:コトーの鍼治療スタイル②~円皮鍼

をご覧ください。

 

 

皮内鍼がどんなものかはブログ

特集:レディース鍼灸ことう+:コトーの鍼治療スタイル③~皮内鍼

をご覧ください。

 

 

灸頭鍼を受け、腰を動かしても痛くなってきたら、

当院ならパーソナルトレーニングも追加してほしい。

体のクセを変えないと痛みはぶり返しやすいから。

 

 

パーソナルトレーニングで、まず、自分の体の使い方のクセを知って、

自分に合ったストレッチングや運動でクセを治していこう!!!

クセは○年、○○年かけてできたもの。

簡単には治せない。

根気強く、こつこつとストレッチングや運動に取り組むと、

日常の中でクセが出にくくなる!

そうすると、痛みがぶり返しにくくなり、

たとえ痛みが出たとしても、多少の痛みだったら

自分でするストレッチングや運動で、痛みが解消できる!

頑張ろう!!!

 

 

睡眠不足も筋肉のこりには大敵!

寝ている時間が短いと、

痛んだ筋肉を修復する時間も短いってこと。

修復しきれないうちに起床しちゃうんだなぁ…。

ついつい夜更かしせずに寝よう!

 

 

ぎっくり腰になると温めると気持ちがいいから、

じっくり浴槽につかる方が多いけれど、

ぎっくり腰は腰の筋肉の炎症だから、初日は患部は冷やす!

お風呂はシャワーですませよう。

直後でなければ、ゆったり浴槽につかり、

温めて血流を良くしよう!

痛くなくても普段から浴槽につかって筋肉をほぐし予防しよう!!

 

 

ところで、コトーは仏像を見るのが好き。

正面からじっくり…、

背面からじっくり…、

右横から…左横から…。

 

 

仁王像の腕を見て、

おぉっ、上腕二頭筋がめちゃくちゃ盛り上がってるなぁ…。

えぇっ、この手の向きだったら、肩は脱臼してるでしょ…。

姿勢分析をしちゃう!

20年間、理学療法士をしてきたクセだなぁ。

患者さん以外でも姿勢・運動分析をついついしちゃう。

自分が描くイラストもチェックが入る。

 

 

股関節と膝関節がこの角度だったら、

足の裏はこんなにしっかり見えないはず。

足首周辺の筋肉がよっほど柔らかくないと無理。

でもコトーのデッサン力ではこれが精一杯なんだよーーー!!!

まっ、いいか…と開き直って載せちゃうんだよーーー!!!

 

 

福岡市南区にある、女性専門鍼灸・パーソナルトレーニング、

≪レディース鍼灸ことう+≫の

女性鍼灸師&理学療法士、コトーでした。

またね~~~。