コトー Blog & Vlog

東洋医学のこと、鍼灸治療のこと、パーソナルトレーニングのこと、日々の暮らしのこと…。カテゴリー別に書き連ねています…。ちょこっと、動画も始めました…。

【動画で見る!ツボの取り方】肘や腕の痛み、高血圧、皮膚病に働きかけるツボ『曲池 きょくち』

赤いラインは『手陽明大腸経 て・ようめい・だいちょうけい』という経絡。肘のあたりに『曲池 きょくち』というツボがのっている。肘を曲げた時にできる小さな窪みに、このツボがある。小さな窪みを『浅い池』に見立て、この名前が付けられた。分かりやす~い!『曲池』は高血圧や熱(風邪などによる)を下げるときに用いられる。

『手陽明大腸経』の相棒と言えば、『手太陰肺経 て・たいん・はいけい』。赤いライン。肺につながっている経絡。肺は皮毛(ひもう)(=皮膚と産毛)を司っている。『肺が不調になると、蕁麻疹や皮膚のかゆみなどの皮膚病が現れることもある』と、東洋医学では考える。『曲池』というツボに鍼やお灸をすることにより、『手陽明大腸経』の相棒である『手太陰肺経』という経絡に働きかけ、肺の調子を整える。そんな、ややこしいことも鍼やお灸でするんだよぉ~。

右側の肘から手の甲、指先までの図。青丸が『曲池』と言うツボ。その近くに『総指伸筋 そうし・しんきん』という筋肉がある。二の腕の骨の先端から、指先の骨(人差し指~小指)に付いている。手首から指先までは腱(けん)になっている。人差し指から小指までの4本の指全体を伸ばす(=反らす)時に働く。5本の指や手首を反らす、別の筋肉たちも、『曲池』の近く(二の腕の骨の先端)に付いている。そのため、肘や腕・指のだるさや痛みがある時に、『曲池』に鍼やお灸をして、硬くなった筋肉をほぐし、痛みを和らげる。ツボの位置が分かると、セルフお灸やツボ押しができるよ。『曲池』のツボの取り方は簡単なので、ツボ取り動画を見てねぇ~。

福岡市南区にある、女性専門鍼灸&パーソナルトレーニング≪レディース鍼灸ことうプラス≫の女性鍼灸師・理学療法士のコトーでした。次回は『手陽明大腸経』の上にある『手三里』というツボを紹介するよぉ~。

 

【動画で見る!ツボの取り方】手首や親指の痛み・腱鞘炎に働きかけるツボ『陽谿 ようけい』

 

まず、手の骨を見てみよう!指は、基節骨(きせつこつ)と中節骨(ちゅうせつこつ)と末節骨(まっせつこつ)の3本で構成される。しかし、親指は2本しかない。手のひらには、中手骨という長い骨があり、根元には8個の小さな骨(手根骨 しゅこんこつ)がある。次に、親指の関節に注目してみよう!

 

黄色の丸が、爪のちょっと下にある関節。赤丸はこぶしとなる関節。緑色の丸は、CM関節。親指の中手骨と手根骨で構成される。他の指にはこの関節はない。目立たないが、親指全体を動かす関節で、とても重要。青丸は手首の関節。次に、指の使い方を見てみよう!

 

重たく大きいものは、5本の指と手のひら全体で持ち上げる。この画像を取るために、キャベツを買った。

 

重くても、親指と他の4本の指で握れる大きさならば、ほとんどの物はこうやって持つかな。

 

中身の入っていないペットボトルだったら、こんなふうに持つかも。

 

厚みのない、薄い物は、親指の腹と人差し指の横で挟むことが多い。親指の2つの関節(赤丸)は伸ばし、手のひらにあるCM関節(青丸)を使って、親指全体を人差し指に引き寄せる。

 

米粒のような小さい物を持つときは、親指と人差し指の先端でつまむ。親指の2つの関節は曲がり、CM関節を使って親指を外側に開く。

 

小さい物でも薄い物を持つときのように、親指の腹と人差し指の横で挟みこむ方がいる。親指の2つの関節(赤丸)を伸ばし、CM関節(青丸)を使って親指を人差し指に引き寄せる。スマートフォンやパソコンのマウス操作でも見られる。次に、親指の可動域に注目してみよう!

 

親指をどのくらい外に開けるかな?左右の手を比べてみよう!関節可動域テストでは、親指(赤丸)と人差し指(青丸)で作られる角度は60度。親指と人差し指の間には、親指を人差し指に引き寄せる筋肉がある。指の使い方で紹介したように、親指を人差し指に引き寄せて、物を持ったり操作ばかりしていると、親指を人差し指に引き寄せる筋肉が疲労し、硬く伸びにくくなり、親指が外側に開きにくくなる。

 

それでも偏った使い方を続けていると、親指を外側に広げる2本の筋肉も疲労し、親指の付け根に痛みが出てくる。更に酷使すると腱鞘炎に…。鍼灸治療では、2本の筋肉の手首付近(赤丸)や2つの赤丸の間にある『陽谿 ようけい』というツボに、鍼やお灸をして、こわばった筋肉をほぐし、痛みを和らげる。おおーっ、やっと『陽谿』というツボにたどり着いた。

『陽谿』は『手明大腸経 て・ようめい・だいちょうけい』という経絡の上にある。経絡は、陰とに分かれる。この経絡は経なので、名前に『』がついている。『谿』は山に挟まれた溝という意味。親指を反らしたときに浮かび上がってくる2本の筋肉の間の窪みに、このツボがあるため、『谿』という字が使われた。

親指に限らず、指や手首の痛み・腱鞘炎で鍼灸治療に来られる方が増えている。スマートフォンやパソコンなどによる手の酷使や、中高年女性に多い手の指の変形性関節症(へバーデン結節、プシャール結節)などに起因する。2019年に『再特集~手の腱鞘炎の鍼灸治療&セルフケア』を書いた。気になる方はぜひ読んでほしい。セルフケアにはお灸もおすすめ!当院では希望者にセルフお灸を指導している。ツボの位置が分かれば、お灸は簡単!『陽谿』のツボ取り動画も見てねぇ~!福岡市南区にある、女性専門鍼灸&パーソナルトレーニング≪レディース鍼灸ことうプラス≫の女性鍼灸師・理学療法士コトーでした。毎度毎度、難しい話にお付き合いいただき、ありがとさんです!

 

【動画で見る!ツボの取り方】呼吸器の症状や首こり・肩こりに働きかけるツボ『中府 ちゅうふ』

赤いラインは、『手太陰肺経 て・たいん・はいけい』という経絡。体内では肺にもつながっている。イラストには描かれていないが、左にも対称的に『手太陰肺経』はある。鎖骨の外側の下にある『中府 ちゅうふ』というツボに始まり、腕の内側を通り、親指にあるツボ『少商 しょうしょう』で終わる。この経絡にはツボが11個。左右合わせて22個。

呼吸器(=肺)が不調な時は、この経絡を流れる気(=エネルギー)と血(けつ)(=栄養)が滞ったり不足している。そして、経絡上のツボにも反応が現れる。あるツボを押すと、他のツボよりも圧痛が強かったり、皮膚がへこんだり、ざらついたり…。11個のツボのうち、反応が出やすいのが『中府』。『中府』に鍼やお灸をして、風邪や喘息など呼吸器の症状を緩和させる。

大胸筋(だいきょうきん)(オレンジ色)は胸にあり、手作業をする時に働く筋肉。パソコンやスマートフォンなど手作業をしすぎた時には、首や肩だけでなく、この筋肉も凝る。大胸筋の上に『中府』(青丸)があるので、首こりや肩こりの鍼灸治療でも、『中府』に鍼やお灸をして、大胸筋のコリをほぐす。

さて、『中府』という名前の由来の話。『中』は『中焦(ちゅうしょう)の気(=エネルギー)』のこと。『府』は『経絡の気が集結する所』という意味。中焦の気が最初に集まる所なので、『中府』と名付けられた。

東洋医学では体幹の機能を3分割している。横隔膜(紫色)よりも上の胸部を『上焦 じょうしょう』といい、心や肺が含まれる。横隔膜より下でヘソよりも上を『中焦』といい、脾や胃などが含まれる。ヘソよりも下を『下焦 げしょう』といい、小腸・大腸・腎・膀胱などが含まれる。ここで、「あれ?」と疑問に思った方がいるのでは?肺は上焦にあるから『上府』と命名されるべき?

黄色のラインは体内を巡る『手太陰肺経』。中焦から始まり、下って大腸へ。そこから、胃に上り、横隔膜を貫いて肺へ。そして、気管に上り、左右に分かれて脇の下へ向かい、ツボ『中府』で体表に出る。『中府』から、体表の『手太陰肺経』がスタートする。『手太陰肺経』は中焦から始まるので、『上府』ではなく、『中府』という名前がついた。う~~~ん、東洋医学は奥が深い。

『中府』の上に『雲門 うんもん』というツボがある。『雲門』のツボの位置を確認しないと、『中府』のツボを取れない。『中府』のツボ取り方法を動画にしてみたが、説明が難しく、10回ほど撮り直した。苦心の作を見てほしいなぁ~。

次回は特集ブログに戻ります。『大腸』にもつながっている『手陽明大腸経絡 て・ようめい・だいちょうけい』の話となります。よろしくです!福岡市南区にある女性専門鍼灸&パーソナルトレーニング≪レディース鍼灸ことうプラス≫の女性鍼灸師・理学療法士のコトーでした。

 

特集:五臓六腑と経絡とツボと鍼灸の関係性②~手太陰肺経

体と心の不調は、気(=エネルギー)と血(けつ)(=栄養)が滞った状態。気と血を全身に巡らすのは経絡(けいらく)。気と血のめぐりが悪いと、経絡上のツボに反応が現れる。そのツボに鍼やお灸をして、気と血の巡りを促し、体と心の不調を整える。今回は『肺』の症状と、それらにかかわる経絡とツボについて書いてみようと思う。難しそうだなぁ…。頑張るぞ!

肺は呼吸をつかさどる。肺が不調になると、咳・痰・息切れ・喘息など呼吸器の症状が現れる。また、肺は鼻やのどと関係し、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・声がれ・のどの痛みなどの症状も現れる。

東洋医学からみた『肺』は他の働きもある。

肺を膨らませて空気を吸うときに、『天空の気』というエネルギーを吸い込む。私たちは、口から取り込む飲食物から『後天の精 こうてんのせい』というエネルギーを作り出す。『天空の気』と『後天の精』は合わさり、生命活動を維持するためのエネルギーとなる。肺が不調になると『天空の気』を十分には吸い込めず、エネルギー不足で疲れやすくなる。

肺は全身に水分を巡らす働きもある。肺が不調になると水分が全身を巡りにくくなり、むくみが生じたり、汗が出にくくなる。また、肺は皮毛(ひもう)(=皮膚とうぶ毛)をつかさどる。肺の不調で皮膚が乾燥すると、皮膚のかゆみ・アトピー性皮膚炎・口の渇きなどの症状が現れることもある。

肺は外邪の侵入を防ぐバリアを体表に巡らせ、免疫機能を高めている。肺が不調になるとバリアが弱まり、風邪をひきやすくなったり、花粉症が出ることもある。

五臓六腑は感情と結びつきがある。強い『悲しみや憂い』は肺にダメージを与え、肺の症状が出ることもある。

赤いラインは『手太陰肺経 て・たいん・はいけい』という経絡。肩の付け根にあるツボ『中府 ちゅうふ』から始まり、腕の前面を下降し、手の親指にあるツボ『少商 しょうしょう』で終わる。この経絡は体の深部で肺にもつながる。経絡の中を流れる気と血は、体表だけでなく肺にも届く。

『手太陰肺経』の上に、ツボは11個ある。経絡は左右対称にあり、ツボは合わせて22個。肺の不調は、この経絡を流れる気と血が滞った状態。そして、経絡上のツボに反応が現れる。具体的には、押すと他のツボよりも痛みが強い、ツボ周辺の皮膚がざらつく、へこむ、などなど。反応があるツボに鍼やお灸をして、経絡を流れる気と血の量や勢いを調整し、肺の不調を改善する。

反応が現れているツボだけで治療を進めていくわけではない。『風邪をひいて咳や痰・のどの痛みがある、肺がダメージを受けている』とすると、肺にもつながっている『手太陰肺経』の上にあるツボを使って、症状を改善させる。ツボは1つ1つ特徴がある。咳・痰・のどの痛みを鎮める作用をもつツボ『太淵 たいえん』を使おうか、『尺沢 しゃくたく』がいいかな…。諸々の症状に合うツボを選ぶ。

この経絡は体表では腕を通っているので、腕コリ、指コリ、肩コリ、首コリの治療にも、この経絡上のツボを使う。コトーがよく使うツボは『中府 ちゅうふ』。

 

大胸筋(だいきょうきん)という筋肉は胸にあり、手作業をするときに働き、コリやすい。その大胸筋の上に『中府』がある。

今回のブログで紹介した『太淵』『尺沢』『中府』のツボ取り動画を自撮りしたよ。『中府』はツボの取り方がややこしく、10回ほど撮り直した。専門的なことを分かりやすく伝えるのは、動画もブログも難しい。3本の動画はブログとYou Tube チャンネル≪レディース鍼灸ことうプラス≫に載せるよ~ん。

特集ブログは始まったばかり。よろしくです!福岡市南区にある、女性専門鍼灸&パーソナルトレーニング≪レディース鍼灸ことうプラス≫の鍼灸師・理学療法士のコトーでした。

特集:筋肉のコリと痛みの話⑧~セルフコントロール・その2

お久しぶりです。仕事がハード・スケジュールになり始めた頃に、この特集ブログもスタートし、ポン!ポン!ポ~ン!と立て続けにブログを書くことができませんでした。すみません…。

さて、最終回の今日は、コトーと一緒に1日を振り返り、どんな場面で筋肉のコリや痛みが現れやすく、それをどのように回避していくか…、自分なりのセルフコントロール法を探っていきましょう!

中年コトーは起床直後、全身がこわばっている。若い時は、そんなことはなかったのになぁ…。首から指先、足先まで全身の関節を全可動域、ゆっくり動かすことが日課となっている。起き上がると重力がかかり、全可動域を動かしにくい関節もあるので、あおむけと横向き、うつぶせで行っている。二度寝しなければ30分で終了。筋肉の柔軟性が出て、起きた後のフットワークが軽い。

コトーは『1日3食』派。何十年と1日3回食べ、体のサイクルが出来上がっている。また、1回の食事量が少なくなり、エネルギー摂取量という点でも、3食が必要かなぁ…。ここで問題なのは、コトーは料理が好きじゃない…、食に対しての欲もない…ってこと。ワンパターンの食材とメニューになりやすい。筋肉に限らず体全体の痛んだ細胞を修復するのに、様々な食材を体に取り込むことが必要だよねぇ…。この問題の解決策になったのが、隔週で取り寄せている無農薬野菜セット。手間暇かけて作ってくださった野菜をすべて消化しなければ!という責任感(?)から、様々な食材で料理をするようになった。

コトーは『しっかり活動するために、朝食はしっかり食べたい!』派。夕飯を食べすぎると朝食が入らないから、夕飯はご飯(お米)を食べず、おかずと汁物だけ。20年前ぐらいからの習慣。

仕事がある日は、朝食後に部屋に掃除機をかけ、トイレ掃除。朝の掃除は、ほどよく筋肉が動き、体が温まる。筋肉は動かすと熱を発生するからねぇ…。車で出勤し、退社までデスクワーク、あるいは、出勤せずにテレワークとなると、日中、全身をほどよく動かす機会がない。同じ姿勢を長時間保ったり、反復動作が筋肉は大の苦手。首、肩、背中、腕、脚や目の筋肉のコリや痛みが忍び寄ってきやすい…。

鍼灸治療(=仕事)をする際、コトーは立っていることが多いが、しゃがんだり、椅子に腰かけて姿勢を変え、筋肉を楽にさせ、コリや痛みが生じないように気を付けている。長時間デスクワークをする際、書き仕事や読み仕事は立位で、パソコン仕事は椅坐位で行っている。

休日は美術館、博物館めぐりなど外出することが多かった。目的地まではバスや電車を利用し、帰りは1時間~1時間半ぐらいだったら歩いていた。新型コロナウィルスの発覚で、昨年から美術館・博物館めぐりは自粛し、人込みを避けて近所を散歩している。垣根越しに、しだれ梅のほころびを見入り、春の訪れを肌で感じる…。特集の4話でも触れたように、ストレスも腰痛の原因になる。好きなことをしてストレスを発散するのも、セルフコントロールにはかかせない。仕事がパソコン業務で、趣味がゲームやスマホを見ること!と言われると、「う~ん、筋肉はつらいだろうなぁ」と思う…。

○○しすぎ…ということをいかに減らせられるか。減らすことが出来ないならば、プラスの要素を作って、いかにマイナスをゼロあるいは、プラスにしていくか…。仕事帰りや家事の合間に、、ヨガやピラティス教室やスポーツジムに通ったり、エクササイズのビデオを見ながら体を動かしてみる?

その時に思い出してほしいのが、前回のブログで紹介した造語『筋肉史』。生まれてから今までどんなふうに筋肉を動かしてきたのか。それによって、筋肉の質、柔軟性、筋力、体力、バランス能力など、運動の要素に個人差がある。同性、同年代であっても同じとは限らない。今まで体を鍛えたことがなく、今も…という方は、生徒さんの年代が自分よりも上だったり、ゆるゆるメニューの教室からスタートしたほうが、筋肉痛や関節痛は起こしにくい。

そんなに負荷がないのにすぐ疲れて筋肉痛になる方は、ご自身の筋肉の柔軟性に着目してほしい。筋肉が硬く伸び縮みがしにくいと、筋疲労は起きやすく、コリや痛みに結び付きやすい。運動前後のストレッチングを丁寧にしてほしい。ストレッチングはすぐには効果が得られないが、毎日続けていると数か月後には筋肉の柔軟性が出てくる。そうすると、関節が全可動域、動かせるようになり、運動がしやすくなる。ということは、筋力もつきやすく、効率のいい体の動かし方や、コリにくい姿勢も得られやすい。

運動が大好きで、若い頃と同じ負荷で、〇〇をしないと気が済まない!という中高年の方も要注意。筋肉も何十年と使えば年を取るし、体の細胞の修復に時間もかかるようになる。運動後の筋肉の状態を見て、運動量をコントロールしよう!

日中、ほどよく頭と体を動かした後に大事になるのが休養。つまり、入浴と睡眠。入浴をシャワーだけで済ませている方はぜひ浴槽につかってほしい。血流が促され、こわばった筋肉もほぐれやすい。入浴後にストレッチングをすると、更に筋肉はほぐれやすい。コトーも入浴後にストレッチングをしていたが、最近は入浴前にするようになった。なぜか…。

この姿勢で顔が床につくので、お風呂上がりだと眠ってしまう…。目覚めた時の体のしびれは半端じゃない!!!皆さんも気を付けよう!!!

コトーは6時間の睡眠が自分に合っていると、ずーーーーーーっと思い込んでいた。しかし、7時間、7時間半、8時間と寝てみたら、多めに寝たほうが次の日、頭も体も冴えていることに気づいた。起きる時間から逆算して、〇時に寝るには〇時にはお風呂に入り、〇時には仕事と家事を片付け…とスケジュールを立てる。なかなかスケジュール通りには行動できないが、日々努力はしている。

睡眠時間とともに大事なのが、睡眠の環境。敷布団や枕には耐久年数がある。ヘタった敷布団や枕では寝心地が悪く、体も心もリラックスできない。寝ている間に痛んだ体の細胞は修復される。コリや痛みが生じている筋肉の細胞も同じ。そうなると、快適に寝ることはとても大事なんだなぁ…。

筋肉のコリと痛みのセルフコントロールをする上で、もう1つだけ気にかけていただきたいことがある。それは自分の『性分』。例えば、運動の必要性を感じているが、運動嫌いで行動に移せない…という性分。それだったら、定期的に鍼灸に通ってコリをほぐす?例えば、平日の運動不足を解消しようと、休日にがむしゃら運動しちゃう…という性分。そうなると、いずれは体を壊しそうだなぁ…。筋肉のコリと痛みに対応するため、どのような生活をしたらいいのか、自分の性分と折り合いをつけながら、少しずつでも出来ることから実行してくことが大切だと思う。コトーは休日でもじっとしていることがない。何もせずにボーッとする時間を取れるよう、性分と話し合っている。

おおおおおおー!今までで一番長いブログになりました。長い期間を要しましたが、この特集は多方面から筋肉を見つめ、楽しかったです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

福岡市南区にある、女性専門鍼灸&パーソナルトレーニング、≪レディース鍼灸ことうプラス≫の女性鍼灸師・理学療法士のコトーでした。

 

しだれ梅。2021年2月16日撮影。