コトー Blog & Vlog

東洋医学のこと、鍼灸治療のこと、パーソナルトレーニングのこと、日々の暮らしのこと…。カテゴリー別に書き連ねています…。ちょこっと、動画も始めました…。

薄毛・抜け毛・白髪など髪と頭皮のトラブルに鍼&お灸&ツボ・マッサージ!

 

中国留学中に住んでいた留学生寮512号室。

言葉の壁が厚く、意思疎通ができない…。

鍼灸修行がスタートできない…。

何カ月も八方ふさがりな状態が続いた。

 

 

留学地は、その県では2番目の都市。

仕事を求めて、たくさんの中国人が地方から集まっていた。

外国人は少ない。

1人で行動することが多く、

外出するときはウエスト・ポーチに必ず電子辞書と

警報器(鍵を抜くとブザーが鳴るタイプ)を入れ、

気を張っていた。

 

 

いつの間にか、白髪がどっと増えていた。

自分では気づかないほどのストレスだったのかな…。

 

 

更年期真っただ中の今、白髪は増殖中!

う~~~。

 

 

薄毛や抜け毛、白髪を改善して、元気な髪を作るポイントは

3つあると思う。

 

 

1つ目は、何と言っても日常生活の見直し。

寝不足が続いてる?

栄養のバランスはとれてる?

老化が髪にあらわれてきたら、

日常生活の『無理』を見直さないと…。

自分でもすっごく実感してる!

 

 

2つ目は、頭皮の状態を元に戻すこと。

どういうことかと言うと…。

首こり、肩こり、背中こりや、ストレスを解消する

頭皮を柔らかくして、頭皮の血流をよくする

毛根に血流を流す

毛根の働きをよくする

元気な髪が作られる=薄毛・抜け毛・白髪が改善!

 

 

背中や首・肩に鍼やお灸をすると、

滞った血流が巡り始め、カチコチな筋肉がほぐれるので、

ストレスで張り詰めていた気持ちもほどけやすい。

白髪や薄毛の頭皮は硬いことが多く、

細くて短い鍼をちょこんと刺しておくと、

頭皮が柔らかくなり頭皮の血流も改善する。

 

 

 

 

頭にはツボがいーっぱい!

頭皮のツボ・マッサージもおすすめ。

 

 

 

10本の指を立てて頭に当て、

指の位置をずらさずに、頭皮を動かすつもりでマッサージ!

血行がよくなると、スムーズに頭皮が動くようになる。

『頭の前→頭頂→後ろ』と、縦方向に場所を変え、

中央から耳側へ、頭全体を刺激する。

硬い部分は、より丁寧に!

 

 

自分自身も実践中!

シャンプーする前にやっている!

硬かった後頭部の頭皮が、少し動くようになってきた。

頭もすっきりする!

そんなに力がいらないから、疲れないよー!

ただ、やめていしまうと、元の硬さに戻ってしまう気がする。

 

 

3つ目は、腎の気を高める、

西洋医学の『腎臓』と東洋医学の『腎』は若干働きが異なる。

『腎』はアンチエイジングと深くかかわり、

腎の気(=エネルギー)を高めることにより、

急降下な老化をくいとめる。

 

 

 

赤いラインは『足少陰腎経 あし・しょういん・じんけい』という経絡。

『腎』にもつながっている。

この経絡上のツボに鍼やお灸をすると、

『腎』の気もアップ!

アンチエイジング!!!!!

 

 

さてさて、来月2月6日(火)に、太宰府市いきいき情報センター主催の

お灸講座があります。

テーマは、『薄毛・抜け毛・白髪など頭皮と髪のトラブル対策』。

お灸とツボ押しとツボ・マッサージをします。

市外の方も受講できます。

気になる方はどうぞご参加ください。

詳しくは、ホームページの『お知らせ』をご覧ください。

 

第2の故郷をザクッザクッ散歩

 

皆さま、

とっくに明けましておめでとうございます。

お正月はいかがでしたか?

コトーは、飛行機→モノレール→電車→新幹線→電車→車、と乗り継いで

 

 

 

 

 

新潟の豪雪地帯へ…。

人も車も滅多に通らない。

聴こえてくるのは、屋根に降り積もった雪が滑り落ちる音だけ…。

 

 

 

 

 

友人宅の2階から見る風景は、昔とまったく変わらない。

一面の銀世界。

 

 

 

 

 

2重窓だって、

部屋に2台の石油ストーブがついてたって、

コタツに入ってたって、

築100年以上のウチは寒い…。

友人が半纏(はんてん)を貸してくれた。

思い起こせば、雪がほとんど降らない実家でも、

子どもの頃は冬の室内が寒く、

半纏を着ていたなぁ…。

 

 

 

 

 

長靴を借りて、愛犬ナナちゃんの散歩についていった。

ザクッ、ザクッ、ザク。

新雪の上を歩くと、長靴が雪に沈み込む。

懐かしい感覚!

 

 

キーンとした冷たい空気は嫌いじゃない。

しかし、マスクをしても鼻水が止まらない。

息で眼鏡が曇る。

友人もナナちゃんも雪道に慣れ、トットコトコトコ先を行く。

 

 

ここは山の頂上。

コトーは山のふもとに住んでいた。

真冬の早朝は、除雪車の轟音(ごうおん)で目が覚める。

大通りは、中央分離帯からちょろちょろ水が流れ、

車道は積雪も凍結もしない。

ただ、歩道に水がたまるので長靴を履いていた。

住んでいたアパートの隣が大家さん宅。

とーても気に掛けられ、

畑で採れた野菜が玄関先にどさっと置いてあったなぁ…。

方言が強くて、会っても何をしゃべっているのかわからなかったけど…。

 

 

車の運転免許を取りたてだったが、

荒波の日本海沿いを走ったり、

山の新緑や紅葉も観に行ったなぁ…。

のろのろ運転で、後続車に迷惑をかけたけど…。

 

 

まだ20代のピチピチ・ギャルだったので、

地元のおじさんたちから飲みに誘われ、

「ただ酒が飲めるー!」とひょこひょこついていき、

日本酒が飲めるようになった。

 

 

秋にはキノコ採り名人と山に入り、

食べられるキノコと毒キノコの見分け方を教わった。

山の中でキノコ汁を作り、食べた。

格別な味だったなぁ…。

 

 

冬には地元のスキー場(八海山)にも連れて行ってもらった。

八海山のふもとには酒屋があり、

上等な八海山(日本酒)は、抱き合わせ(=別の酒と2本セット)で売っていた。

もちろん買って帰った。

 

 

ここでの出会いが、新たな出会いへと結びつき、

今の自分がある。

8年前に第3の故郷、福岡で鍼灸院を開設することになったきっかけを

1つ1つ思い起こしてみると、新潟にたどり着く。

この地は、自分にとってターニングポイントなんだなぁ…。

そんな場所から新年がスタートし、幸先(さいさき)がいい!

2018年。

地固めをしつつ、新たな事にもひるまずにチャレンジするぞ!

今年もよろしくです!

 

 

 

 

 

 

特集~腰痛の鍼灸治療とセルフケア⑤~対策

究極の腰痛治療ってどんなの?

ぎっくり腰など身動きがとれないくらい痛いときは、

絶対安静!

筋肉の損傷が激しいんだから、

休ませてあげないとなかなか治らない。

もちろん、ぎっくり腰の急性期でも鍼灸治療はOK!

でも、施術後は安静にしてほしいなぁ…。

 

 

腰の痛みだけでなく、

下肢のしびれや感覚障害や筋力低下がみられたら、

腰椎やその周辺の椎間板や神経が損傷しているかもしれない。

特集第3弾でも述べたように、

背骨の骨粗鬆症でも、腰痛は出現することがある。

整形外科でレントゲンやCTやMRIを撮ってもらおう!

その結果どんな治療をするかはじっくり考えるとして、

まず、自分の腰の状態をきちんと把握することが大切!

 

 

痛みが改善してきたら、

鍼灸やストレッチングで筋肉をほぐしながら、

ほどよい運動をしよう!

硬い筋肉のまま運動したら、コリが増幅しちゃう!

筋肉の柔軟性を出しながら、散歩など軽い運動からスタートしよう!

 

 

「今まで腰の痛みがなく調子がよかったのに、急に痛くなって…」

そんなふうに言いながら、久々に鍼灸治療に来られる方がいる。

背中に触れると、背筋がうなじから腰までガッチガチ。

急に硬くなったとは思えないほど、筋肉の弾力性はない。

普段の生活はなんとかこなせても、

ストレッチングをしていたら

背筋のコリに気づいたんじゃないかな…。

かるい運動でもしていたら、すぐ背筋がこわばって、

「ヤバイッ!」って、もっと早く気づいたんじゃないかな…。

内心、そんなふうに思う。

痛くないときでもメンテナンスをして、

普段の生活プラス、アルファのことをしても、

へっちゃらな腰であることが大切!

 

 

 

これは最長筋。

背筋の1つ。

腰が痛いときは、背筋の腰部だけでなく、

胸部、頸部も硬いことが多く、

背筋全体を緩めることが必須!

 

 

 

赤いラインは『足太陽膀胱経 あし・たいよう・ぼうこうけい』という経絡。

背中にも通っているので、この経絡上のツボに鍼やお灸をして、

背筋の緊張を緩め、腰の痛みを緩和させる。

下肢の症状が出ている場合は、

この経絡の下肢にあるツボにも鍼やお灸をする。

痛みが強かったり慢性化していると、

脇腹の筋肉や腹筋群もガチガチになっている。

 

 

 

 

赤いラインは『帯脈 たいみゃく』。

ウエストをぐるりと回っている。

この帯脈のツボを使って、それらの筋肉のこわばりを緩めることも

大事だよ~ん。

 

 

おおおっ!

特集ブログの最終回も長くなってしまった…。

今回の特集では、すべての回に動画を載せてみた。

画面が薄暗く、手振れも強く、ごめんちゃい!

次回までに勉強するよー!

 

 

さあ、動画の取りをかざるのは、やはり彼しかいないでしょう!

今までイラストや写真を使って、

鍼やお灸の様々な方法を紹介してきたけど、

今回は『彼』が体を張って動画で紹介してるよ!

見てねぇー!

 

 

今年最後のブログ。

皆様、長々とおつきあいいただき、ありがとさんです!

来年もよろしくお願いいたします。

2018年も皆様にとって素敵な1年になりますように…。

 

 

 

特集~腰痛の鍼灸治療とセルフケア④~対策

コトーの前職は理学療法士。

肉体労働なので、さんざん腰を痛め、

腰痛の軽減と予防に、ストレッチングは欠かせないと実感している。

特集ブログ『腰痛の鍼灸治療とセルフケア』の第4弾では、

ストレッチングについて熱く語っちゃうよ~~~!

 

 

ストレッチングとは?

 

体をゆっくり動かし、特定の姿勢を保つことにより、

特定の筋肉を伸ばすこと。

 

 

ストレッチングのメリット

 

ストレッチングにより筋肉が伸びやすくなると、

関節を動かせる範囲も広がり、体も動かしやすくなる。

筋肉にスタミナがつき、疲労しにくくなる!

運動後にストレッチングをすると、運動後の筋肉痛が軽減できる!

定期的にストレッチングをすると、姿勢がよくなり、血の巡りもよくなる!

 

 

安全なストレッチングのための原則

 

温まっていない筋肉を伸ばすことは

古く乾いたゴムを引き伸ばすことと一緒。

体が冷えているときや筋肉がガチガチなときは、

入浴後がおすすめ!

 

痛みが生じるまで筋肉が伸ばされると、

『伸張反射』という体の防衛機構が働く。

この反射は無意識に筋肉が縮まり、

筋肉の損傷を防ぐ!

痛みを我慢しながらのストレッチングは、

この反射が働き、逆効果になっちゃうよ~~~!

気持ちよく感じる範囲内で、ゆっくりとストレッチングをしよう!

 

呼吸を止めると、筋肉の緊張が生じ、筋肉は伸びにくい。

ストレッチングの間、ゆっくり深く呼吸をしていると、

筋肉がゆるみやすく、血の巡りもよくなるよ。

 

 

適切なストレッチングの方法

 

いつストレッチングをするか?

・起床したときに体がガチガチになっている人は、

入浴後、あるいは眠る前にストレッチングをしよう!

寝ている間に筋肉がリラックスしやすい。

・同じ姿勢を長く続けているときは、

途中で姿勢を変えて、ストレッチングをしよう!

・運動前のストレッチングは運動中の怪我の予防になり、

運動後のストレッチングは筋肉痛の予防となるよ~。

 

持続時間、回数、程度

それぞれのストレッチングを1回につき、10~20秒間。2~3回。

全てのストレッチングを合わせて5~10分程度。

毎日粘り強く続けると、数ヶ月後に変化がみられるよ!

ただし、辞めると元に戻っちゃう…。

 

意識することは?

『姿勢』や『方法』、『どこの筋肉を伸ばすか』を意識しながら

ストレッチングをしないと、伸ばしたい特定の筋肉は伸びないぞぉー!

 

④人と比べない

筋肉の柔軟性や関節を動かせる範囲は個人差があり、

自分の筋肉がほどよく伸びる程度のストレッチングをしよう!

 

中止するとき

筋肉や関節に痛みが生じるときは、

そのストレッチングを中止しよう!

 

 

随分と細かくストレッチングを語っちゃったけど、

これらを気にかけてすると、

筋肉が変化していくのが分かると思う。

根気よく、やろう!

コトーは30年近くやってるよ!

 

 

腰が痛いと動かせないから、

腹筋や横っ腹の筋肉も硬くなりがち。

動画では、それらも含めたストレッチングの方法をご紹介!

ストレッチングのやり方は、たーくさん。

今回は椅子に腰かけた姿勢でのストレッチングを取り上げてみた。

やってみてねぇ~!

 

 

 

特集~腰痛の鍼灸治療とセルフケア③~対策

特集ブログ『腰痛の鍼灸治療とセルフケア』第3弾は、

日常生活での腰痛対策を紹介しちゃうよ~~~ん!

 

 

座っているときの姿勢

理想的な椅子の高さは、座ったときに股関節と膝関節が

90度ぐらいに曲がるのがベスト!

背中をまっすぐにして、90度に曲げた肘を

肩の真下に置いた高さに、机があったら

さらにいいなぁ~。

理想的な作業姿勢!!!

といっても、長時間その姿勢を取り続けると、

腰の筋肉は疲労するから、

作業の合間に、立ち上がるなどして姿勢を変えよう!

 

 

立っているときの姿勢

頭のてっぺんに糸があり、真上に引っぱられているイメージで

背中全体をまっすぐにしよう!

そうすると、背筋だけでなく、腹筋も働きやすい。

お尻に力を入れよう!

お尻の筋肉を働かせると、腰が反りにくい。

かるく膝を曲げると、腰の筋肉はゆるみやすい。

 

 

寝るときの姿勢

腰が沈み込まないように、やや硬めの敷布団がベスト!

睡眠中、腰の筋肉をリラックスさせるために、

敷布団は慎重に選ぼう!

ぎっくり腰など、腰がかなり痛いときには、

横向きで、腰と膝を曲げ、丸まって寝よう!

腰の筋肉がゆるみやすい。

睡眠時間が短いと、背筋は充分にリラックスしきれず、

筋疲労は蓄積されちゃう!

腰痛持ちさんは、充分に寝よう!

 

 

体を冷やさない

体が冷えると筋肉も冷え、腰痛も起こしやすい。

寒い冬だけでなく、夏の冷房や

冷たい食べ物や飲み物の取りすぎに気をつけよう!

 

 

コルセットの使い方

立っても座っても腰が痛くてたまらないときは、

横になって休みたいが、そうできないときは

コルセットをしよう!

腰だけでなく背筋全体がガチガチなときは、

コルセットの圧迫のために、

腰の筋肉がより緊張するときがある。

そんなときは、コルセットの締めつける程度や

コルセットをつける位置を調整しよう!

コルセットをし続けると、背筋や腹筋が弱くなるので、

腰痛が改善したらコルセットは外そう!

 

 

ぎっくり腰を起こしたら…

安静第一!

数日間、横になったいたほうが、治りははやい。

無理をして普段の生活をし続けると、

症状が長引いたり、悪化することもある。

すごーく痛いので温めたくなるが、

腰の筋肉の炎症なので、最初は温めるのは禁忌!

発症当日の入浴は避けたいが、

夏場などどうしても入りたいときは

シャワーだけですませよう!

 

 

日常生活のちょとした工夫で、

腰痛の予防や腰痛の軽減をはかろう!!!

 

 

 

 

以前、バラティーグッズ売り場で購入した〇☓のプレート。

使う機会がなかったが、やっと使うことができた!

どんなふうに動画で使ったかは、見てのお楽しみ!